債務整理とは何か?国が認める借金対策方法をわかりやすく解説

債務整理とは、カードローンやクレジットカードの支払いなどをはじめとする借金が増えすぎたために返済が行えない場合に、借金の減額や帳消しをする制度の総称です。この記事では、国が認めた整理手段である債務整理についてわかりやすく解説します。毎月の借金返済でお困りの方は、どうぞご参考ください!

債務整理とは?3種類の債務整理制度を解説

債務整理とは、現状の返済を続けるのが困難なほど借金が増えた場合に、借金を減額したり帳消しにしたりする制度です。まずは債務整理の大まかな内容について説明します。

債務整理の3つの制度について

債務整理には、自己破産・個人再生・任意整理の3つの制度があります。借金や債務者の財産状況などを総合的に考慮して、債務者の窮状に対する適切な方法を選択します。それぞれの手続の概要は以下の通りです。

  • 自己破産:裁判所を利用することで借金を帳消しにする手続。
  • 個人再生:裁判所を利用することで借金を減額する手続。
  • 任意整理:裁判所を利用せずに当事者間で借金減額について合意を探る手続。

債務整理とは国が認めた借金対策

債務整理は、合法的に借金の全部または一部の返済を免れる手続です。

「借金を免れる」と聞くと、返済督促の無視や夜逃げを想像される方もいらっしゃるでしょう。しかし、夜逃げなどの方法では、抜本的な解決にはなりません。返済義務はいつまでも残りますし、返済期日を経過したものについては遅延損害金も付されます。これでは借金が増える一方です。

債務整理をすれば、合法的に借金の全部または一部の返済義務が消滅します。無理な借金返済という負担がなくなった状態で新生活をスタートできるものなので、現在借金返済で苦しまれている方は、ぜひご検討ください。

債務整理のメリット・デメリットとは?

自己破産・任意整理・個人再生の3種類を含む債務整理ですが、それぞれに特徴的なメリット・デメリットがあります。債務者ひとりひとりの状況からニーズを明確にし、どの制度を利用するかを適切に検討しなければいけません。

債務整理すべてに共通するメリット・デメリット

債務整理すべてに共通するメリットは次の通りです。

  • 現在の借金状況を改善し、新しい生活をリスタートできる。
  • 弁護士に依頼した場合には、すぐに返済督促がストップする。
  • 債務整理手続中は、返済をする必要がなくなる。

これに対して、債務整理すべてに共通するデメリットは次の通りです。

  • 信用情報機関に金融事故情報が登録されるので、一定期間ブラックリストとして扱われる。
  • 債務整理をするために一定の費用がかかる。

特にブラックリストとして扱われると、しばらくの間クレジットカードを使えなかったり、新たなローンや借入れができなくなったりします。債務整理後の新生活の中にこのような形で不便が生じるのでご注意ください。

自己破産特有のメリット・デメリット

自己破産のメリットは次の通りです。

  • ほとんどすべての借金がなくなる。
  • 債務者の収入状況を問わずに行うことができる。

これに対して、自己破産のデメリットは次の通りです。

  • 一定の所有財産以外は手放さなければいけない。
  • 借金の原因がギャンブルなどの場合には自己破産が認められないことがある。
  • 官報に掲載される。

借金が帳消しになるという大きなメリットを受けられる反面、手元の財産は今後の生活に必要とされるもの以外すべて処分されます。不動産を所有している場合には特に注意が必要です。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリットは次の通りです。

  • 借金が減額される。
  • どの債務を整理するかを自由に選べる。

連帯保証人がついている債務を任意整理の対象から除くことができるので、連帯保証人に迷惑をかけずに借金の減額を狙うことができます。

これに対して、任意整理のデメリットは次の通りです。

  • 債権者側との交渉がうまくいかなければ合意できない。
  • 自己破産や個人再生ほどの減額効果を期待できない。

任意整理は裁判所を利用しない形の債務整理です。したがって、債権者に強制力が及ばないために、交渉スキルが求められます。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリットは次の通りです。

  • 財産の処分をせずに手続を利用できる。
  • 任意整理以上の減額効果を期待できる。

これに対して、個人再生のデメリットは次の通りです。

  • 減額された借金を返済し続けるだけの収入がなければ認められない。
  • 裁判所を利用するので、任意整理と比べると手続が複雑。

よくある勘違い!債務整理と過払い金の返還は別制度

借金でお悩みの方の中には、過払い金の返還という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。過払い金の返還とは、余計に支払った利息を返還してもらうための手続です。元本に対して何らかの請求をするわけではありません。

これに対して、債務整理は借金の元本自体を減額あるいは帳消しにするための手続です。いずれも「債務者を救うため」という目的は共通していますが、まったくの別制度なのでご注意ください。

まとめ

債務整理とは国が認めた合法の借金状況改善手続です。ただ、それぞれの制度ごとにメリット・デメリットが異なるので、どの制度を利用すれば良いかの判断は簡単ではありません。むしろ、誤った方法選択をしてしまうと、予想以上のデメリットが生じるリスクもあります。

そこで、債務整理を検討する場合には、まずは弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。債務者の状況に鑑みて、適切な債務整理手続に関するアドバイスをしてくれるはずです。窮状を打開して新生活をスタートするために、どうぞお気軽にご相談ください!