本当にお得か?「リボ払い」のメリット・デメリット

クレジットカードには様々な支払方法があります。最もメジャーな一括払いの他にも、ボーナス月払い、分割払い、そしてリボ払い(リボルビング)などがあります。なかでも、リボ払いは一時カード会社のCMでよく宣伝されていました。使われたことのある方の中には、その便利さに重宝されている方も多いかもしれません。今回はこの「リボ払い」についてメリット・デメットを見ていくことでお金の管理について考えていきます。

リボ払いとは

最初にリボ払いについて改めて説明していきます。リボ払いとは「限度額内で繰り返し利用でき、毎月の返済額が一定となる支払方式」のことです。

例えば、あなたのカードに50万円のリボ利用可能枠があるとします。10万円くらいの少し大きな買い物をしました。ここで、支払方法を「リボ払い」にしておけば、その月の支払は一定額(例えば5千円)で済みます。この5千円の支払が『しばらく』続くのです。

リボ払いのメリット ~定額制のお支払~

リボ払いのメリットはずばり「毎月の支払額が一定」、この点に尽きます。例えば、毎月のリボ支払額を5千円に設定しておけば、リボ利用分の買い物については決まった額しか引き落とされません。家計管理に興味のある方にはとても管理がしやすくなる良い方法とも言えます。

毎月の支出には大きく分けて「固定費」と「変動費」があります。固定費は家賃、水道光熱費など毎月の金額があまり変わらないもの。変動費は交際費や買い物代など、どちらかと言えば毎月の金額が変わりやすいものを言います。特に固定費は、毎月出ていく金額が決まっているので自分の収入を勘案して「(変動費を)調節して節約しよう」と家計管理の予定を決める重要な要素となります。

それなりの金額の買い物の時に支払をリボ払いにすることで買い物代を「固定費化」してしまえば、毎月の支出予測が立てやすくなり家計管理もおこないやすくなるのです。

リボ払いのデメリット ~わかりにくいリボの裏側~

さて、一見家計にも優しく、管理も容易な「リボ払い」に思えますが実は長い目で見ると負担増につながる面もあります。リボ払いは毎月の支払額が一定にはなりますが、それが「しばらく」続きます。この「しばらく」というのが曲者なのです。

リボ払いには『手数料』がつきます、現在の相場は凡そ15%です。1回だけのリボ払いなら残高は把握しやすいですが、何回もリボ払いを多用していると残高の把握はかなり困難になってきます。リボ手数料は累積の残高にかかってくるものだからです。当然、リボを使えば使うほど手数料金額も嵩んできます。毎月定額を返済していたとしても残高が入金分まるまる減るわけではありません、手数料にも返済額が振り分けられるからです。定額なので毎月の返済金額はわかりやすくても、肝心の完済時期が非常に判りづらくなります。手数料負担は嵩み、返済総額を振り返れば買い物金額の1.5倍…そんなケースもありえるのです。

また月々の返済額についても注意が必要です。それは、返済額が残高に応じて増えていくこともあるということです。

現在、カード会社の多くは残高スライド方式を採用しています。この方式は当初毎月支払額を5千円に設定していたとしても、リボの残高が増えれば1万円、1万5千円と残高に応じて支払金額も増えます。ついリボ払いを使いすぎて知らない間に月々の返済額まで増えていた、これではリボのメリットである家計管理のしやすさどころか、単なる負担増でしかないのです。

きっちりとした家計管理のために

リボ払いは計画的に使えば、月々の返済負担を減らせ家計管理にも役立ちます。しかし、反面、無計画に使えってしまえば借金地獄の入り口になりかねません。リボときちんと向き合っていくためのポイントを最後に紹介します。

リボ払いに頼り過ぎない。

カードを使うことがあっても、基本的には一括払いがお勧めです。リボ払いは一回使ってしまうと、その魅力から多用しがちです。どうしてもリボを使う場合は、リボ払いの買い物が完済になるまで、次のリボは使用しないなど決まりを設けましょう。

前倒し返済のススメ。

ちょっとリボの残高が増えてきた…そんな時こそリボ払いの支払を最優先に。臨時収入があったとか「貯金へ」と思っていたお金もリボ支払へ充てることをお勧めします。リボの手数料は凡そ15%、放置しておけばかなりの負担になります。預金利率のコンマ数%に比べて負担する手数料の利率は何千倍にもなるのです。

返済シミュレーション機能の活用。

カード会社のHPなどを見ると返済シミュレーションという機能があります。残高総額や返済利率を入力することで、いつ支払が終わるか見ることができます。この機能を使って支払スケジュールを把握しておくことで長期的な家計管理に役立てることができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です