リボ払いの金利手数料はバカにならない

「リボ払い」とはそもそも何?

クレジットカードを利用したからには、しっかりとお金を返済しなければなりませんが、返済方法も実に多岐に渡ります。利用金額を1回でまとめて返済してしまう「1回払い」や2回に分けて返済する「2回払い」、ボーナスが出る時期に返済をする「ボーナス払い」に何回かに分けて返済をする「分割払い」があります。

そして最近、この返済方法でにわかに注目を集めているのが「リボ払い」です。リボ払いとは、正式名称を「リボルビング払い」といい、利用金額を何回かに分けて返済する方法です。

しかしそうなると、「分割払い」との違いがよくわかりませんね。リボ払いと分割払いは似て非なるものであり、まずは取引内容が異なります。例えば10万円のAという商品を購入して、その後5万円のBという商品を追加で購入した場合、分割払いではAとBで個別の返済計画が立てられます。

しかしリボ払いの場合には、AとBを合算した15万円で返済計画が立てられるのです。もう一つ、毎回の支払金額と返済回数が異なります。クレジットカードでお買い物をする際、分割払いの際にはまず返済回数を決めて返済回数を固定してから、利用金額に応じて毎回の返済金額を決めていきます。一方リボ払いの場合、まずは毎回の返済金額を決めて返済金額を固定してから、利用金額に応じて返済回数を決めていきます。

リボ払いは、どんなに利用金額が多くなっても毎回の返済金額は常に同じ金額ですので、日常生活に支障をきたす可能性が多くありません。ただし利用金額が多くなれば、その分返済回数が増えていきますので、返済期間が長くなる傾向にあるのもまた事実です。

リボ払いの金利手数料は会社によって異なる

最近、多くの会社でリボ払いを推進しているのは、リボ払いがカード会社の新たな収入源となりうるからです。かつては、クレジットカードで現金を借りる「キャッシング」の金利や手数料が、カード会社の大きな収入源でした。ところが、貸金業法の改正などで金利を低く抑えられてしまい、しかもさらに低金利の銀行のカードローンなどに顧客を奪われてしまったことから、カード会社は新たな収入源を模索していました。そこに登場したのがリボ払いというわけです。クレジットカードでショッピングをする際、1回払いですとカード利用店舗から入ってくる手数料収入のみがカード会社の収入となります。一方でリボ払いにしてもらえば、カード利用店舗からの手数料収入にカード利用者からのリボ払い手数料収入も入ってくるのです。

1粒で二度おいしいリボ払いですので、カード会社各社も積極的に利用してもらおうとあれこれキャンペーンやサービスを展開しています。DCカードでは、リボ払い専用カードに「ジザイル」に申し込めば年会費が無料になり、しかも通常のカードよりも多くのポイントが付与されます。

三井住友カードでは、「マイ・ペイすリボ」というリボ払いを利用することでカードの年会費が割引になるケースもあり、1回払いから後ほどリボ払いに変更可能な「あとからリボ」もあります。さらに多くのカード会社では、リボ払いでお買い物をすると抽選で商品やポイントが当たるキャンペーンにも積極的です。

そんなリボ払いの手数料ですが、カード会社によって微妙に異なります。三井住友カードの場合には手数料は年15%、JCBカードの場合にはカードの種類によって年8.04%から18%とかなり幅があります。

リボ払いの金利手数料を計算してみた

そうなると気になるのが、リボ払いを利用すると具体的にどのような返済計画になるのかということ。多くのカード会社のホームページでは、そんな方のご要望にお応えして「支払シミュレーション」を提供しています。ちなみに、DCカードのホームページには実際の支払例が掲載されていますので、大いに参考にしたいところです。

DCカードのリボ払いには、手数料と元金を含めて一定金額とするのか(ウィズイン方式)、一定金額の元金に手数料をプラスするのか(ウィズアウト方式)があります。

ここではウィズアウト方式で見ていきましょう。

毎月1万円ずつ元金を返済するとしますと、初回は合計で1万円の返済となり、残高は9万円となります。2回目は元金1万円に手数料の1249円をプラスした合計11249円を返済します。元金の残高はこの時点で8万円となります。

このようにして返済を繰り返していくと10回目で返済が完了し、手数料は合計で6672円となります。

ちなみに、同じ条件でウィズイン方式で計算をすると、支払う手数料の合計は7186円となります。手数料の徴収方式が異なるだけでも、500円以上の差が出てしまいます。カード会社にとってはリボ払いはまさに「新たな鉱脈」といったところでしょうが、利用者にとっては金銭負担が増えるだけです。

返済シミュレーションを上手に利用して、自己防衛をすることが重要ですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です