任意整理とは?メリット・デメリットや注意点などをわかりやすく解説

任意整理とは、国が認めた借金整理手続である債務整理の一つです。自己破産や個人再生と同様に、借金返済で苦しむ債務者を合法的に救うために利用されます。そこでこの記事では、借金返済でお困りの方のために、任意整理の内容やメリット・デメリットなどについてわかりやすく解説します。ぜひ最後までご参考ください!

任意整理とは?わかりやすく解説

まずは、任意整理の内容についてわかりやすく解説します。任意整理とは、債権者との交渉によって現在の借金額を減額することを目指す債務整理手続です。裁判所を利用しない債務整理手続という点で、自己破産や個人再生とは異なります。

任意整理手続では、現在の借金返済を継続できない場合に、金融機関などの債権者との間で話し合いが行われます。将来の利息をカット、毎月返済可能な金額に引き直すなどによって、一般的には3~5年の期間以内に全額を返済できるようなスケジュールが組まれます。任意整理によって毎月の返済負担が軽減されるので、新生活を送りやすくなるでしょう。

任意整理のメリットとは?わかりやすく解説

以下では、任意整理のメリットをわかりやすく解説します。

借金の返済負担が軽減される

まずは、借金の返済負担が軽減されるというメリットが挙げられます。

任意整理手続をすれば、通常は将来分の利息を支払う必要はなくなります。元本のみの返済に集中できるので、完済時期が大幅に近づくはずです。また、既に支払った分について過払い金が発生している場合には、その分が元本から差し引かれます。さらに、債権者の合意が得られる範囲ではありますが、借金の元本自体の減額も期待できます。

返済督促がストップ

任意整理を専門家に依頼すると、債権者からの返済督促が停止します。郵便物や電話などの督促は、債務者にとって精神的なストレスを生じるもののはずです。これがなくなるので、心理的負担から解放されるでしょう。

任意整理する債務を選択できる

任意整理手続では、減額をしたい債務を債務者自身が選べるというメリットがあります。

例えば自己破産では、すべての債務を一度に手続に乗せなければいけません。連帯保証人がある債務もない債務も同列に扱われます。これでは、債務者本人が自己破産をすることによって連帯保証人が代わりに借金の返済をしなければいけなくなってしまうでしょう。

これに対して、任意整理では、債務者自身が任意整理手続を利用する債務を選ぶことができます。連帯保証人や担保権が設定されている不動産に配慮したい場合には、これらが付されている債務を任意整理から外せるのです。

家族などに知られるリスクが少ない

自己破産や個人再生を利用すると、官報によってその旨が公告されます。しかし、任意整理は裁判所を利用しない形の債務整理手続なので、官報に掲載されることはありません。

さらに、債権者との間で直接交渉をすれば良いだけなので、家族などに知られるリスクはさらに低いと考えられます。

借金の原因を問われない

任意整理では、借金の原因は問題視されません。自己破産の場合、借金の原因がギャンブルや浪費にあるとスムーズな手続進行を期待できません。場合によっては免責が認められないケースもありえます。

これに対して、任意整理では、借金の原因が何であれ、債権者の合意を得られさえすれば借金減額効果を得ることができます。

任意整理のデメリットとは?わかりやすく解説

任意整理には、以下のようなデメリットもあります。わかりやすく解説するので、債務整理の方法選択にお役立てください。

ブラックリストとして扱われる

任意整理をすると、信用情報機関に金融事故情報が登録されるので、債権者との間で和解が成立した日から5年間はブラックリストとしていろいろなデメリットが生じます。

例えば、クレジットカードの新規発行はもちろんのこと、契約していたカード自体も使用できなくなります。新たな借入れやローンを組むこともできません。賃貸物件を契約する際に弊害が生じることもありますし、スマートフォンの機種代を分割で支払うこともできなくなります。

ブラックリスト掲載期間が終了すればこれらのデメリットは消滅しますが、それまでの間は不便を我慢しなければいけません。

大幅な借金減額が期待できない

任意整理は、裁判所を利用せずに当事者間で進める債務整理手続です。したがって、債権者の合意が得られない限り、大幅な借金減額は期待できないというデメリットがあります。

返済できるだけの収入が必要

任意整理は、自己破産と異なり「減額された借金の返済を行う」ことが大前提です。つまり、返済を続けるだけの資力や収入がなければ任意整理は認められません。無職の方にはハードルが高い手続と言えるでしょう。

任意整理は弁護士などの専門家に依頼を

任意整理は、当事者間における交渉によって行われます。つまり、充分な借金減額を狙うためには交渉スキルが求められるのです。

したがって、任意整理を行う場合には、基本的に弁護士などの専門家に依頼するのがおすすめです。債務整理の専門家に依頼すれば、任意整理を含め、どの債務整理が適切かを判断してもらえます。借金返済が厳しい状況に対して確かな道を示してくれるので、どうぞお気軽にご相談ください。

まとめ

任意整理に関する説明は以上です。自己破産や個人再生といった他の債務整理手続のメリット・デメリットと比較検討の上、ご自身にとって適切な債務整理手段をご選択ください。