過払い金請求とは?メリット・デメリットや注意点をわかりやすく解説

過払い金請求とは、支払い過ぎている利息の返還請求のことです。借金返済を長期間行っている人は、キャッシング会社などに対して余分な利息を支払い過ぎている可能性があります。当然、過剰な支払い分については返還を求めるべきです。そこでこの記事では、過払い金請求の内容やメリット・デメリットなどをわかりやすく解説します。借金返済でお困りの方はぜひご参考ください!

そもそも過払い金とは?

過払い金とは、本来債務者が支払う必要のないのに支払ってしまっていた利息のことです。金銭消費貸借の契約書通りに返済を続けていたはずなのに、なぜ「支払う必要のない利息」が生じるのか、それは、貸金業者が設定していた金利条件に原因があります。いわゆるグレーゾーン金利の問題です。

グレーゾーン金利とは、利息制限法の上限金利を超えるために違法だが、出資法の上限金利を超えないという意味では合法のため、黒白二つの側面をもつ金利のことです。その昔、貸金業者の中には、貸金業法で設定されていた上限利率29.2%の条件でお金を貸し付けているところが少なくありませんでした。しかし現在は、利息制限法の上限利率を超える部分の利息を支払う必要はありません。利息制限法の上限金利を超える部分の支払いには法的根拠がないので、現在この部分の返還を求めることが認められています。

過払い金請求できる条件とは?

過払い金請求ができる条件は、以下の2点です。

  1. 利息制限法の上限金利を超える金利で返済を行っていたこと
  2. 消滅時効にかかっていないこと

1.利息制限法の上限金利を超える金利で返済を行っていたこと

利息制限法の上限金利は借入金額に応じて以下のように設定されています。

  • 借入金額10万円未満:上限金利20%
  • 借入金額10万円以上100万円未満:上限金利18%
  • 借入金額100万円以上:上限金利15%

この金利条件よりも厳しい条件での返済履歴がある場合には、過払い金が発生している可能性が高いです。契約書やATMの明細などで確認できます。

また、利息制限法の上限金利を超えるグレーゾーン金利を明確に違法と宣言した最高裁判決が出されたのは2006年なので、それ以降はほとんどの貸金業者が自主的に金利条件を見直しています。この時期以前から貸金業者との間で継続的に取引をしていた記憶がある人は、過払い金が発生している可能性が高いでしょう。なお、借入れをしていた貸金業者が現在倒産している場合には過払い金請求ができないのでご注意ください。

2.消滅時効にかかっていないこと

民法上の消滅時効にかかっている場合には、過払い金請求は認められません。

過払い金請求の消滅時効は、貸金業者と最後に取引をした日から10年です。取引開始日からではありません。また、借金返済で苦しむ人の中には、貸金業者から何度も借入れを繰り返しているというケースも少なくないでしょう。その場合には、一連の借入れと認められる限りにおいて、最後に取引をした日から10年が計算されます。契約の書換えの有無、返済方法がリボ払いか否かなど、債務者ごとの事情が考慮されて取引の一連性が判断されるため、一概に連続性を判断するのは難しいのが実情です。弁護士などの専門家にご相談ください。

過払い金請求のメリット・デメリットとは?

以下では、過払い金請求のメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

過払い金請求のメリット

過払い金請求のメリットは、借金返済中の人ならばそれ以上借金の返済をする必要がなくなり、場合によってはお金が返ってくる可能性がある点です。過払い金請求では、余分に支払っていた利息が元本に充当されます。過剰な支払い分が残りの元本額を超える場合には、過払い金請求をした時点で借金返済の窮状から脱出できるのです。

過払い金請求のデメリット

過払い金請求のデメリットは、信用情報機関に金融事故情報が登録される結果、一定期間ブラックリストとして取り扱われて各種負担を強いられる点が挙げられます。

ただし、過払い金請求をした人すべてがこのデメリットを受けるわけではありません。借金返済を継続している人で、過払い金請求によって過払い金を残りの元本に充当してもなお借金が完済しない場合にだけ、ブラックリストに掲載されます。つまり、既に借金を完済していて過去の過払い金について返済を求める場合、現在返済継続中だが過払い金請求によって完済できる場合には、デメリットなく過払い金請求を行えることになります。

まとめ

過払い金請求は、現在の借金を完済し、場合によっては手元にお金まで戻ってくるというメリットがあるものです。しかし、消滅時効や取引の一連性の問題、過払い金によって完済できるかどうかの判断など、素人には分かりにくい点が少なくはありません。中には、10年近く前の借入れの詳細など記憶にないという人もいるでしょう。もし過払い金の心当たりがあるのなら、ぜひ弁護士などの専門家に相談してください。過払い金請求が発生しているのか、過払い金請求をした方が得なのかを判断してくれます。ぜひお気軽にご相談ください!