自己破産とは?メリット・デメリットや注意点などをわかりやすく解説

自己破産とは、国が認めた債務整理手続の一つです。個人再生や任意整理と同様に、借金で苦しむ債務者を合法的に救うために利用される債務整理手続の最終手段とも称されるものです。そこでこの記事では、借金返済でお困りの方のために、自己破産の内容やメリット・デメリットなどについてわかりやすく解説します。ぜひ最後までご参考ください!

自己破産とは?

まずは、自己破産の内容についてわかりやすく解説します。自己破産とは、債務者が抱える借金を(原則として)すべて帳消しにすることを目指す債務整理手続です。裁判所を利用する債務整理手続という点で個人再生と共通し、任意整理とは異なります。

現在抱えている借金すべてが帳消しになるという点は、借金から解放された状態で新生活を開始できるという大きなメリットを債務者に与えます。しかし、債権者側からすると、貸していたお金をまったく回収できないという大きな負担を強要されるものでもあります。したがって、自己破産をするには一定の要件を充たす必要があるとされ、本当に自己破産を欲する人しか利用できないような制度設計が組まれています。具体的な自己破産の要件は以下の通りです。

  • 支払不能に陥っていること:収入や借金総額などを総合的に考慮すると、これ以上借金返済を継続しても完済は難しいと判断される状態にあること。
  • 免責不許可事由がないこと:自己破産による免責ができない条件が法律に規定されているので、これらに該当しないこと。

自己破産のメリットとはすべての借金が帳消しになる点

自己破産によって免責が認められると、原則としてすべての借金が帳消しになるので、債務者は完全に借金返済の窮状から解放されます。

ただし、税金の滞納分や一定の損害賠償請求権、養育費などについては、自己破産によっても免責されないものがあるのでご注意ください。このような非免責債権は、自己破産後も返済を続けなければいけません。

自己破産のデメリットとは?

以下では、自己破産のデメリットをわかりやすく解説します。

一定の財産が処分される

自己破産によって借金帳消しという絶大な効果を受けるためには、債務者自身が所有する一定の財産を処分しなければいけません。自己破産手続では、債務者が所有する一定の財産が取り上げられ、現金に換えられた後に債権者に割り当てられるというプロセスが必須だからです。住宅や車なども処分されます。

もちろん、すべての財産が処分されるわけではありません。99万円以上の現金や、自己破産手続申立て後に取得した財産、破産管財人が不要と判断したものなどは手元に残せます。

借金の原因が問われる

自己破産をするには、借金の原因が問われるというデメリットがあります。例えば、ギャンブルや過剰な浪費、投資が原因で借金を抱えた場合には、先程説明した免責不許可事由に該当するために自己破産は認められません。個人再生や任意整理では借金の原因は問われない点を比較すると、自己破産では利用者に制限が加えられていると言えるでしょう。

なお、債務者の状況次第では、ギャンブルが理由の借金などであったとしても裁量免責という方法によって自己破産が認められるケースがあります。

資格制限、移動制限、郵便物の取扱い

自己破産申立てによって仕事ができなくなる職業があります。例えば弁護士や会社役員などは、自己破産によって資格が制限されるため、自己破産手続中の数ヶ月間、仕事ができなくなるのでご注意ください。

また、自己破産によって旅行や出張を自由にできなくなるというデメリットが生じます。裁判所の許可が必要です。

さらに、自分宛の郵便物を自由に取扱えなくなります。自己破産手続中は、破産管財人のチェックを受けなければいけないために、見られたくないものでも隠すことはできません。

ブラックリストに掲載される

自己破産が認められると、信用情報機関に金融事故情報が登録されるので、以後10年程度はブラックリストとして各種デメリットが生じます。新たな借入れはもちろん、クレジットカードの使用不可、スマホ本体の分割払い不可などの不便を強いられます。

保証人に迷惑がかかる

自己破産は、すべての債務が手続のテーブルに乗ります。任意整理のように、保証人が付いている債務だけを債務整理から除外するという柔軟な対応はできません。したがって、家族や親族などに保証人を依頼している債務も自己破産の対象となるので、債務者本人の免責によって保証人が代わって返済を求められることになります。

官報に掲載される

自己破産が認められると、その旨が官報に掲載されます。ひろく一般に公開されるものなので、身近な人に知られるリスクがあるでしょう。

自己破産の注意点とは?

メリット・デメリット以外で、自己破産について特に注意を要するのが、過去7年以内に自己破産をしている場合、再度自己破産を申立てても免責が認められないという点です。自己破産は借金を帳消しにして債務者の生活再建を目指すものです。何度も簡単に借金の帳消しを認めてくれるだけの制度ではありません。

まとめ

自己破産については以上です。

メリットやデメリット、免責不許可事由や非免責債権など、自己破産には注意しなければいけないポイントが数多くあります。自己破産をスムーズに進めるため、あるいは、そもそも債務者本人にとって債務整理の中で自己破産が適切な選択肢かどうかを熟考するためにも、まずは弁護士などの専門家にご相談ください!