給料ファクタリングは安全?悪質な業者の見極め方や取引リスクを解説

給料ファクタリングとは、会社から支払われる給料を利用して資金を調達する手法です。すぐに現金が必要だというニーズを充たすものである反面、闇金業者などが多くサービスを提供するためにいろいろなリスクに晒されるおそれがあります。そこで、この記事では給料ファクタリング事業を提供する安全な業者の選び方や給料ファクタリング取引自体の安全性について説明します。違法業者が多く存在する取引なので、利用時には細心の注意を払いましょう。

給料ファクタリングは安全?取引に潜むリスクをわかりやすく解説

給料ファクタリングを利用すれば、一定の手数料を差し引いた現金を給料日前に手にすることができます。カードローンなどの借入れなどとは異なり厳しい審査もなく、スピード感をもって資金調達できるというメリットがあります。ただし、給料ファクタリングは実質的には貸金とされているために、本来であれば業者には貸金業登録が求められます。にもかかわらず、貸金業登録をしない違法業者が法外な手数料を取る形で金融サービスが提供されているという実態があるため、利用者は注意をして安全な業者選びをする必要があると言えるでしょう。

したがって、給料ファクタリングは必ずしも安全な取引とは言えず、以下のリスクに注意を払う必要があります。

  • 高額な手数料
  • 闇金業者などと関わるおそれ
  • 職場情報を含む個人情報が流出するおそれ
  • 厳しい取立てリスク

安全な給料ファクタリング業者とは?見極め方をわかりやすく解説

給料ファクタリングには以上のようなリスクが付いて回る以上、給料ファクタリング業者を選ぶ際にはいくつかのポイントを押さえる必要があります。

業者の企業実態

給料ファクタリング事業を営む会社には闇金業者が多いという実態があります。したがって、安全に給料ファクタリングサービスを利用するには、闇金業者かどうかを見極めなければいけません。

HPで企業情報が明確に提供されているか、電話番号が固定電話番号かどうか、代表者氏名の有無などをチェックしましょう。特に最近では企業実態のないバーチャル形態で企業が運営されているパターンもあります。電話番号や企業名を検索して、いろいろな口コミなども参照するようにしましょう。また、貸金業者の登録番号が記載されているかも重要項目です。

求められる個人情報

給料ファクタリングは、会社から支払われる給料を債権に見立てて融資を行うものです。したがって、給料ファクタリングサービスを利用する以上、安全なファクタリング業者を利用する場合でも、勤務先の企業名や所属を証明するための給与明細を提供しなければいけません。

しかし、給料ファクタリングの利用審査のために必要な情報以外の個人情報の提出を求める業者には注意が必要です。例えば、通帳残高や上司の名前などは、当該会社に所属していることを確認するのに必要のない情報です。これらを求める業者は闇金業者として別目的から個人情報の使用を検討している可能性があるため、安全な給料ファクタリング業者とは考えにくいでしょう。

手数料の目安

給料ファクタリングを利用する際には、給料の額面からいくらの手数料が差し引かれるかが目安となります。手数料が高額すぎないか、手数料の計算方法が契約書に明示されているかがポイントです。

一般的に、安全な給料ファクタリング業者の手数料は10%~30%とされています。手数料が高額な業者は違法な闇金業者である可能性が高まります。また、契約締結前に手数料に関する定めを明示していなければ、不当に手数料を取られかねません。事前に明瞭な料金設定があるかもポイントです。

給与の支払い督促に関して

給料ファクタリングを利用する場合、会社から給料が支払われた段階で速やかに業者に対してこれを振り込む必要があります。ただ、どうしても期限に間に合わない場合には、業者側から支払い督促などが行われてしまいます。

ただ、安全な給料ファクタリング業者の場合には、支払い期日を柔軟に対応してくれる場合があったり、分割での返済を交渉する余地があったりします。これに対して、違法な闇金業者の場合には、支払い期日を過ぎてしまうと過酷な取立てや職場への電話などの嫌がらせが行われる可能性があります。口コミなどの情報から、取立て情報に関するものをチェックしておきましょう。

買取り実績の有無

違法な闇金業者が暗躍する業界だからこそ、実績や口コミが参考になります。多くの人が利用してきたということは、それだけ他の業者と比較して利用する価値がある業者だということを意味します。したがって、給料ファクタリング業者の設立年数や過去の実績などは、安全な業者かどうかのメルクマークになるでしょう。

まとめ

給料ファクタリングの安全性や安全な業者の選び方については以上です。

給料ファクタリングは、違法性に疑いのあるグレーな金融サービスです。すぐに現金が欲しいという要望を叶えるために、わざわざ安全性に問題のある給料ファクタリングを選ぶ必要はありません。カードローンや行政の緊急小口融資などの合法な資金調達方法はあるので、ぜひそちらの利用をご検討ください!