お‌す‌す‌め‌の‌給‌料‌ファ‌ク‌タ‌リ‌ン‌グ‌業‌者‌と‌は?‌安‌全‌な‌業‌者‌を‌選‌ぶ‌ポ‌イ‌ン‌ト

給料ファクタリングは、すぐに現金が必要だという人のニーズを充たす資金調達方法の一つです。ただ、給料ファクタリング取引自体に違法性の疑いがある場合があったり、違法な闇金業者が介入するリスクがあったりするため、利用する際には安全な業者を選ぶ必要があります。そこでこの記事では、おすすめの給料ファクタリング業者の特徴や選び方のポイントについて解説します。給料ファクタリングの利用を検討している方は、ぜひ最後までご参考ください!

おすすめの給料ファクタリング業者とは?

まずは、おすすめの給料ファクタリング業者の特徴について紹介します。

手数料の算定基準値

おすすめの給料ファクタリング業者は、手数料の算定基準が低利率に設定されている業者です。もちろん、安ければ確実に安全というわけではありませんが、違法な闇金業者が高い手数料で儲けているという実情を考慮すると、手数料が安い方が安全な取引ができる可能性は高まります。

一般的に、安全な給料ファクタリング業者の手数料は10%~30%程度とされています。したがって、この範囲で給料ファクタリングサービスを提供してくれる業者がおすすめです。

即日融資可能か

給料ファクタリングを利用したい人にとって、申込みから融資までのスピードは最重要項目と言っても過言ではありません。給料ファクタリング業者の多くが即日融資を行っている実情を踏まえると、その中で即日対応していない業者は資金面に不安があるか、良質なサービスを提供しようという気構えがないと判断できます。

したがって、来店不要でネットで申込みが完了するのか、審査にどの程度の時間を要するのか、会社への在籍確認はスムーズに行われるのかという項目が重要です。これらのチェックポイントを即日で処理してくれる給料ファクタリング業者がおすすめです。

契約前に必要な情報を提示してくれるか

おすすめの給料ファクタリング業者は、契約を締結する前に必要な情報を提示してくれる業者です。

例えば、業者によってはそもそも契約書さえないようなものがあります。これはおすすめできません。金融サービスを提供する以上、契約書を交わすのは当然のはずです。

また、手数料額が事前に明示されているかもポイントです。悪質な業者の中には、事前の話とは違った手数料を要求したり、二重に手数料を求めるものがあったりするからです。手数料額は、利用者が手にできる額面に直結するものです。利用者の立場にたって明瞭会計を提示してくれる業者がおすすめと言えるでしょう。

さらに、企業ホームページなどで業者の実態を提示している会社もおすすめです。違法な闇金業者は、何かあったときにすぐに会社を畳めるように固定電話や公式ホームページに費用をかけない傾向にあります。このような業界事情の中にあって、自社の沿革や貸金業登録情報などを明示している業者は安全に利用できる可能性が高いのでおすすめです。

給料ファクタリングは本当におすすめの資金調達方法?

安全な業者との取引ができるのなら、給料ファクタリングには一定の価値があります。しかし、実はそれを踏まえたとしても、給料ファクタリング自体がおすすめできない取引であることに変わりはありません。

高額な手数料

給料ファクタリングの手数料はかなり高額です。年利率に換算すると100%を当たり前のように超える高利率です。これだけの高い手数料が引かれた額面しか手にできない以上、「給料ファクタリングは利用するだけで損をする取引」だと言えるでしょう。

むしろ、利息制限法の上限金利を守りながら合法に融資をしてくれるカードローンなどがおすすめです。

給料ファクタリングは貸金

現在、給料ファクタリングはそれ自体が合法の法形式であるとは認められていません。実質的に給料債権を用いた形の貸金であると評価されており、グレーな金融サービスです。このように法的な位置付けが曖昧な取引形態である以上、多くの違法な闇金業者と関わるリスクを避けられません。

合法のルールにしたがって融資サービスを提供している消費者金融などからの借入れによって資金調達をする方がおすすめと言えるでしょう。

個人情報を転売されるリスク

給料ファクタリング業者の中には、入手した個人情報を転売することで利益を上げている業者が少なくはありません。一度給料ファクタリングを利用しただけなのに、他の業者からのDMや勧誘メールが止まらないという話は珍しくないのです。これでは、いつか緊急の資金調達の必要に迫られたとき、違法な闇金業者の甘い謳い文句に誘われかねません。

まとめ

以上で、給料ファクタリングのおすすめ業者の選び方、そして、そもそも給料ファクタリングがおすすめできない取引方法であることをご理解いただけたはずです。

給料ファクタリングは、法的に曖昧な取引です。取引自体が違法性を帯びる場合がありますし、それを取扱う業者もまた違法な闇金業者である可能性は少なくありません。安全に資金調達を実現したい場合には、カードローンや銀行からの借入れ、行政の緊急小口融資制度などの安全な方法がおすすめです。給料ファクタリングの利用に踏み切る前に、ぜひ他の選択肢を検討しましょう!