クレジットカード現金化を疑われた時の対処法とは?原因と対策を解説

クレジットカード現金化によって現金調達を行ってしまうと、「現金を調達できた」という安心感が生じる一方、「クレジットカード会社に疑われたらどうしよう?」という不安にも苛まれるはずです。そこで、今回はクレジットカード現金化を疑われた場合の原因とそれに対する対処法を紹介させていただきます。中には、クレジットカード現金化をした覚えがないにもかかわらず疑われたという方もいらっしゃるはずです。ぜひお役立てください。

クレジットカード現金化はカード利用規約違反

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金化する目的で、クレジットカードを利用する行為です。「商品購入時の支払い方法として活用する」というクレジットカードの本来的な目的から逸脱した行為なので、各カード会社はクレジットカード現金化という潜脱行為をカード利用規約の中で禁止しています。

したがって、クレジットカード会社に対して現金化を疑われた場合には調査が入りますし、クレジットカード現金化の事実が認定された場合には、カードの利用停止などの重い処分が課されます。

クレジットカード現金化を疑われた原因とは?

クレジットカード現金化を疑われた原因のうち、代表的なものを紹介します。カード会社はクレジットカード現金化のような潜脱行為を許容していないので、以下の項目に該当する取引があれば、疑いを持った上で調査を行います。

換金性の高い商品の購入履歴

クレジットカード現金化では、その取引の特徴から、換金性の高い商品が利用されるケースが少なくありません。商品券や時計、宝石類などをクレジットカードで購入した場合にはカード会社から疑われるケースがあります。

また、そもそも商品券に関しては、クレジットカード現金化に利用されるリスクを勘案して、そもそもクレジットカードでは購入できないものが多くあります。このような実情があるにもかかわらず、クレジットカードで商品券を購入した場合には、より疑念を抱かれる可能性は高まります。

購入履歴の不自然さ

時計や宝石類などについては、本当に使用する目的で購入される方もいらっしゃるでしょう。しかし、1ヶ月の間に、同じ時計や宝石類を不自然な回数購入している場合にはどうでしょうか?自分で利用する目的からクレジットカードで購入しているとは考えにくいですよね。

このような形で、クレジットカードの購入履歴に不自然な取引実績が残されている場合には、ショッピング枠の現金化が疑われかねません。

新幹線の回数券

仕事などでよく使うのに、新幹線の回数券をクレジットカードで購入したら駄目なのか?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。ただ、新幹線の回数券は金券ショップなどで安定的な価格において換金することができることから、クレジットカード現金化においてよく悪用されたという経緯があります。

このことから、たった一度新幹線の回数券をカードで購入しただけでも、クレジットカード現金化を疑われたという事例も多く存在します。

クレジットカードの支払い遅延が生じた

クレジットカード現金化は、取引を全体的に捉えたとき、利用者がトータルで損をする現金取得方法です。一時的に現金を手にすることができる反面、1ヶ月後には手にした現金額以上の支払い請求に応じなければいけないものです。

このような取引を行ってしまうと、必然的に家計等はひっ迫するおそれがあります。結果として、カード会社からの請求を支払期日に果たすことができないケースも少なくないでしょう。つまり、支払い遅延が一つの徴憑(ちょうひょう:証拠のこと)となり、取引履歴を確認された上で、クレジットカード現金化を疑われる可能性があるのです。

クレジットカード現金化を疑われた場合に備えた対処法とは?

クレジットカード会社がクレジットカード現金化を疑った場合、カード会社から調査が入ります。直接電話がかけられ、取引について詳細に問われることになります。

「いつ、どこで、どのような目的で、何を購入したのか」ということを含め、ショッピング枠利用の目的を実証するための要素を確認されます。もちろん、適切な内容を返答することができれば、カード会社の調査はその時点で終わります。ただし、カードの利用明細と異なった内容の返答をしてしまったり、回答内容に不明瞭な点が含まれたりしてしまうと、クレジットカード現金化の疑念は確証に変わりうるのでご注意ください。

なお、一般的に、キャッシュバック型と呼ばれるクレジットカード現金化は露見しにくいと言われますが、これは間違いです。上述の不審点がある場合には、等しく疑われてしまうでしょう。もちろん、疑われた本人がクレジットカード現金化の事実を認めない限り確定されることはありませんが、ご注意ください。

まとめ

クレジットカード現金化という方法で現金を調達するのは、以上のようなリスクを抱えるものです。クレジットカード現金化を活用することによって、常に「カード会社から疑われたら」という怯えがついて回ります。これでは、あまりに窮屈です。

そもそも、急な現金の調達に迫られた場合には、カードローンなどの合法手段を利用する方が効率的です。クレジットカード現金化よりもスムーズに現金を手にできますし、手数料などの面においても利用者にとってはメリットしかありません。計画的に利用すれば不具合が生じることもないでしょう。急な入用に対しては、カードローンなどの利用をご検討ください。