商品券を使ったクレジットカード現金化とは?内容とリスクを解説

クレジットカードのショッピング枠を活用したクレジットカード現金化は、商品券を利用する形でも行うことができます。今回の記事では、商品券を利用したクレジットカード現金化の仕組みとそこに含まれるリスクについて解説します。クレジットカード現金化はグレーゾーンの現金調達方法なのでご注意ください。

クレジットカードで購入できる商品券とは?

商品券は換金性が高い性質を有していることから、クレジットカード現金化で活用されやすい商品です。ただし、クレジットカード現金化自体、法律違反ではないものの、カード会社の利用規約などで禁止されている行為でもあります。そのため、そもそもクレジットカードで購入できる商品券自体が限定的です。

ただし、JCBギフトカードやVISAギフトカードなどのカードブランド系の商品券は、クレジットカードで購入できます。また、一部百貨店の商品券コーナーなどでも、クレジットカードで商品券を購入できるケースがあります。このような方法を活用すれば、クレジットカードのショッピング枠を利用する形で、換金性の高い商品券を購入することが可能となります。

クレジットカードで購入した商品券を現金化する方法とは?

クレジットカードで購入した商品券を、金券ショップや質屋に売りに行けば、その買取代金に相当する現金を手にすることができます。商品券をクレジットカードで購入する場面と異なり、商品券の買取には限定的な要素は含まれません。たいていの金券ショップや質屋において対応してくれるので、容易に売却できます。

ただし、これらのクレジットカード現金化の対象となりうる商品券については、一般的に金券ショップなどでも比較的高めの割引率が設定されていることが少なくありません。したがって、後日カード会社から請求がくるであろう商品券購入代金からはより乖離することになるのでご注意ください。

商品券を利用した形のクレジットカード現金化は違法?

よく耳にするのが「クレジットカード現金化は違法」というフレーズではないでしょうか。

確かに、クレジットカード現金化を巡る取引形態の中で、一部違法性の評価を受け得る場面は存在します。それは、クレジットカード現金化に際して業者が介在し、現金化を行う際に出資法に規定される利息上限額を超えた割引率を利用者に強要するようなケースだけです。つまり、現在の法制度を前提とする限り、合法の範囲内の割引率で業者を利用する場合に摘発されることはありませんし、そもそもクレジットカードで物品を購入しているだけの行為は何ら違法性を帯びるものでもありません。

特に、商品券を利用した形でのクレジットカードの現金化は、現金化業者が介在するわけではありません。カード所有者が一人で商品券を購入し、一人で金券ショップなどにおいてこれを買い取ってもらうだけです。したがって、カード所有者が違法性を帯び、逮捕されることはあり得ません。

商品券を利用するクレジットカード現金化に潜むデメリットについて

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を本来の目的からは逸脱した形で悪用するものです。冒頭でお伝えしたように、クレジットカードの利用規約に違反する行為なので、カード会社にこれが露見した場合にはクレジットカードの利用を停止されるリスクがあります。クレジットカード会社に露見するのを防ぐためには、商品券の購入を少額に留め、通常の取引であることを装うのが無難な方法です。

また、そもそもクレジットカード現金化を望む人にとって、そのニーズの内容は「現金が必要」というだけではなく、「できるだけ早く現金が必要」という場合が少なくないはずです。その要望を前提にしたとき、商品券を活用した形のクレジットカード現金化にはデメリットがあると言えるでしょう。

というのも、商品券をクレジットカードで購入する際、実店舗でこれを購入出来れば問題ありませんが、実際にそう簡単に購入できるものでもありません。となると、インターネットのサイトなどを活用して商品券を購入せざるを得ませんが、実際に手元に商品券が届くまで、早くても1週間程度の期間を要します。つまり、「早くお金が欲しい」と考えたとしても、商品券を利用するクレジットカード現金化の方法では、スムーズに現金を手にすることができないのです。

まとめ

以上のように、クレジットカードの利用規約に反するものの、商品券を利用することでクレジットカード現金化を達成することは可能です。ただし、説明したように、実際に現金を手にするまでにはいくつものハードルがありますし、そもそも時間を要します。

そうであるのならば、例えばカードローンなどの即日借入れサービスを活用する方が効率的ではないでしょうか?消費者金融系カードローンであれば、甘い審査基準のもと、最短で申込みから1時間程度で借入れを行うことができます。場合によっては無利息借入れを利用することもできるので、クレジットカード現金化に比べるとよほど安全・安心・確実と考えられます。

急な入用などで現金が必要な方は、各種カードローンの利用などをご検討ください!