クレジットカード現金化とは?仕組みやリスク、注意点を総合解説

金策のためにネットなどを調べていると、「クレジットカード現金化」というフレーズを目にするかと思います。現金と、現金を使わないクレジットカードの組み合わせに何ともいびつな印象を受ける方も少なくないでしょう。そこで、この記事では、クレジットカード現金化の仕組みやリスクなどを紹介します。先に忠告させていただきますが、クレジットカード現金化は違法性の疑われる行為ですので、絶対にお止めください。

クレジットカード現金化の仕組みについて

クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠の2種類の枠が利用者のために設けられています。現金を借りる必要が生じた場合に利用されるのがキャッシング枠で、普段買い物をする際に現金なしで支払いをするために設けられているのがショッピング枠です。クレジットカード現金化とは、後者のショッピング枠を活用した方法です。

クレジットカードのショッピング枠とは、先程の説明の通り、買い物の支払いのために使われるものです。しかし、そのような本来的目的とは違った形、つまり、現金の入手を目的としてショッピング枠を悪用するのがクレジットカード現金化です。

買取式のクレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化は、「買取式」という方法で行われるのが一般的です。

まず、カード所有者がショッピング枠を利用して商品を購入します。続いて、購入した商品を業者が現金で買い取ります。この際、最初にカード所有者が購入した際の金額よりも一定額が割り引かれます。これによって、カード所有者は、当該商品の売却代金相当分の現金を手にできます。他方、当該商品を購入した業者は、売却代金と購入代金の差額分だけ利益を上げることができます。

このように、買取式のクレジットカード現金化とは、1つの商品に対して2回の売買取引を行うことによって、クレジットカードのショッピング枠を現金化する仕組みのことです。

キャッシュバック式のクレジットカード現金化の仕組み

買取式以外にも、「キャッシュバック式」によってクレジットカード現金化が行われることがあります。

まず、商品の本来価格よりも高額な値段設定が付けられたものをクレジットカードのショッピング枠で購入します。そして、その売買契約に際して、特典という形で一定額の現金のキャッシュバックが行われます。当然キャッシュバック額はクレジットカードの支払い額よりも低額に抑えられるので、当該商品を販売した業者は差額分の利益を得ることになります。他方、クレジットカードで支払った側は、ショッピング枠を利用することで現金を手にすることができます。

このように、キャッシュバック式のクレジットカード現金化とは、売買契約における特典として現金を利用することによって、クレジットカードのショッピング枠を現金化する仕組みのことです。

クレジットカード現金化の違法性について

クレジットカードの現金化と評価される行為自体は、現在の法制度においては違法性を問われるものではありません。例えば、「ある商品をクレジットカードで購入したが、必要がなくなったので返品した。しかし、一度購入してしまったものなので、返金時に減額されてしまった。」という事態は、特に非難されるべきではありません。

ただし、実際のところ、この方法によって現金を手にしているのは、経済状況で苦しんでいる人が多いという点には留意すべきです。現金が手元になくて困っているから、クレジットカードのショッピング枠を、本来的な目的とは違う形で活用し、現金を手にするという行為は看過されるべきではありません。

実際、各クレジットカード会社は、クレジットカード現金化に相当する行為を利用規約等で禁止しています。

クレジットカード現金化のリスクについて

クレジットカード現金化にはリスク・デメリットがあります。

まずは、明らかに金額面で損をしているという点です。なぜなら、クレジットカードで支払った金額よりも低額の現金しか手にすることができないからです。確かに、クレジットカード現金化を活用すれば、「今すぐ現金が手元に欲しい」というニーズは充たせるでしょう。しかし、後になって、クレジットカード会社から手にした現金以上の額面を請求されます。トータルでは確実に損をしている取引なので、避けるべきです。

次は、トラブルに巻き込まれるリスクです。カード会社が規約で禁止しているような取引をする業者は、違法性を帯びた存在であるリスクが高まります。現金化の際の手数料が法外なものとなる可能性もあるのでご注意ください。

また、クレジットカードの現金化は、自己破産における免責不許可事由に該当します。万が一、将来的に自己破産を検討しなければいけない状況になったとき、クレジットカードの現金化に手を染めていたことが露見すると、免責許可を受けることができなくなってしまいます。

まとめ

「クレジットカードのショッピング枠は余っている、しかし、現金がなくて困っている。」

このような人の弱みにつけこむ形で業者が利益を上げる手法こそ、クレジットカード現金化です。多くのリスクが存在するので絶対に手を出さないでください。どうしても現金が必要なのであれば、カードローンなどを活用すれば合法的に借入れを行えます。このような正しい方法に則って、家計の助けを得るようにしてください。