クレジットカード現金化は安全?現金調達を安全にする方法を総合解説

急にお金が必要になったとき、現金を作る方法を調べていると「クレジットカード現金化」というフレーズに行き当たるかと思います。消費者金融からの借入れなどに抵抗がある方には、興味を掻き立てられるかもしれません。そこで、今回はクレジットカード現金化の安全性に注目して説明させていただきます。どうぞ最後までご参考ください。

クレジットカード現金化の適法性

クレジットカード現金化とは、いろいろな方法を活用することによって、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法です。代表的な方法としては、「カード所有者がクレジットカードで物品を購入し、当該商品を転売することによって現金を取得する方法」が挙げられます。

まず、クレジットカード現金化を個人として行う行為については、違法性を問われるものではありません。客観的に起こっている現象としては、「クレジットカードで商品を購入する」「商品を現金支払いの条件で販売する」という2つの売買契約が存在するだけだからです。いずれの行為も、違法性を問われるものではありません。

クレジットカード現金化の安全性・リスク

クレジットカード現金化は違法性を問われることはありませんが、以下に述べるように、安全性の面で問題があります。

クレジットカードの利用規約に反する行為

クレジットカード現金化は、「ショッピング枠を現金に換える」ことを終局目的として行われるものです。これは、「現金なしで商品の支払いをするため」というクレジットカードショッピング枠における本来的な目的から逸脱するものです。カード会社は、このような潜脱行為を許していません。利用規約において違反事項として取り上げられている項目でもあるので、以下のようなペナルティが課されます。

  • クレジットカードの利用停止
  • カード会員の身分剥奪
  • カード支払い残高の一括支払い

あくまでも、クレジットカード現金化を目的としたカードの不正利用がカード会社に露見した場合ではありますが、このような重い罰が与えられます。

クレヒスに対する安全性欠如

クレジットカード現金化がカード会社に露見し、一定のペナルティが課される場合には、信用情報機関において金融事故情報が掲載されるリスクが生じます。クレヒス(クレジットヒストリー:カードの取引履歴のこと)に傷が付くことになるので、以後生活をする中で、新規の借入れやクレジットカードの利用等ができなくなるリスクが生じます。

手数料面での安全性、債務不履行に陥るリスク

クレジットカード現金化は、手数料などの面で大きなデメリットがある取引形態です。今すぐに現金を手にすることができる反面、約1ヶ月後には、手にした現金よりも高額のクレジットカードの支払い請求が行われるからです。全体的に評価すれば、圧倒的に損をする現金化方法なのです。

さらに、悪循環が重なることによって債務不履行状態が続き、結果として自己破産を検討せざるを得ない状況に追い込まれることもあるでしょう。しかし、クレジットカード現金化を行った経歴があると、自己破産をしても免責許可を得ることができません。本来であれば、自己破産によってほとんどすべての借金がなくなるはずなのに、クレジットカード現金化をした経験があることによって、新しく生活再建をする道までも奪われるリスクがあるのです。将来的な安全面についても大きな不安が残ります。

クレジットカード現金化業者を利用する場合の安全性

クレジットカード現金化を専門に取り扱う業者も多く存在します。しかし、そもそもクレジットカード現金化は、カードの本来的な利用目的から逸脱したグレーな行為です。これを利用するような業界には、悪質な業者や闇金業者が多く存在します。

したがって、業者を利用する形でクレジットカード現金化を行う場合には、優良店を見極めることで安全性を担保するという手間がかかりますし、違法業者に巻き込まれることによって不当なトラブルに巻き込まれるリスクを避けることもできません。

おすすめするのは現金を安全に調達できる方法

以上のように、クレジットカード現金化は、少なくとも安全面において推奨されるべき現金調達方法ではありません。抱えるさまざまなリスクと実際に手にすることができる現金額を比較しても、ほとんどメリットはありません。

  • すぐに現金を手にしたい
  • 手数料面で大きな損をしたくない
  • 安全に取引をしたい

このようなニーズを充たすのは少なくともクレジットカード現金化ではありません。例えば、各金融業者が提供しているカードローンなどは、そもそも国が認めた制度の枠内で行われている合法取引なので安全です。カードローン商品によっては、最短で即日、申込みから数時間以内に借入れを実現できます。しかも、クレジットカード現金化よりもはるかに優遇された金利において、計画的に利用することができます。

まとめ

安全に現金調達をするには、安全性において問題があるクレジットカード現金化ではありません。カードローンなどの合法・安全な方法をぜひご検討ください。