クレジットカード現金化を自分でする方法!注意点を含め総合解説

クレジットカード現金化は業者を頼らずに自分ですることができます。ただし、注意点を理解していないと、デメリットが生じるおそれがあります。そこで、今回は、クレジットカード現金化を自分でする方法やその際に生じうるリスク、注意点を含め、解説します。クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に反する行為ですので、くれぐれもご注意ください。

クレジットカード現金化を自分でするメリット

そもそも、クレジットカード現金化は、専門業者を利用する形で実行することもできます。しかし、不当な換金率を強いられたり、取引上難癖をつけられたりするリスクを避けることができません。業界内には出資法規制に違反する違法業者や闇金業者が暗躍しているため、トラブルに巻き込まれかねません。

これに対して、クレジットカード現金化を自分で行う場合には、悪徳業者をめぐるトラブルを完全回避できるというメリットが生じます。「自分で商品をクレジットカードで購入して、自分で販売先を選び、自分で当該商品を現金支払い条件で売る」ことを実践するだけなので、リスクも少なく簡単に行うことができます。

クレジットカード現金化を自分でする方法

クレジットカード現金化を自分でする場合、どのような物品を活用するのかを検討しなければいけません。一般的に、換金率が高く、買取りをしてもらいやすい物品が選ばれる傾向にあります。代表的な例は、以下のものです。

商品券類

クレジットカード現金化を自分でする際に活用されるのが商品券類です。身近に金券ショップが多くあるので、買取り先選びに困りませんし、換金率も90%以上に設定されていることが多いため、効率よく現金化できるため、人気の物品です。

ただし、クレジットカード現金化に対する対策のため、現在ではクレジットカード払いで購入できる商品券は限られています。JCBやVISAが発行している商品券などに限定されるのでご注意ください。

高価貴金属類

高級ブランドの時計や宝石、バッグなどの小物も、クレジットカード現金化の際に用いられる商品です。高級ブランドのアイテムは常に人気なので、ある程度の換金額を期待できるのが魅力の一つです。

ただし、質屋や中古買取り専門店などに持ち込む場合、どうしても査定額に各店差が生じます。仕入れ値がある程度高額になってしまった場合に、差損が大きくなるリスクが生じます。また、そもそも高級ブランドのアイテムを購入するには、ある程度まとまった資金が必要です。クレジットカードのショッピング枠の上限に抵触する可能性もあるのでご注意ください。

新幹線の回数券

換金率だけを重視する場合、もっともメリットがあるのが新幹線の回数券です。場合によっては仕入れ値の95%程度の買取りも実現できるので、充分な現金を手にできるというメリットがあります。また、商品券のようにクレジットカード払いで入手するのが困難という事情もありません。みどりの窓口に行きさえすれば簡単に購入できるのでクレジットカード現金化を実現するまでのハードルはかなり低いと言えるでしょう。

ただし、以上のようにメリットが大きすぎるため、クレジットカードの現金化に多く活用されてきたという経緯があります。そのため、クレジットカード会社によってはたった一度の新幹線の回数券購入履歴があるだけで調査をする可能性があるので、ご注意ください。

ゲーム機

現在、クレジットカード現金化の際に注目されているのが人気ゲーム機です。プレステやニンテンドースイッチなどは、中古買取り市場においてかなりの高額買取り水準となっています。場合によっては、カード払いによる仕入れ値以上の高額買取りも可能なので、自分でクレジットカード現金化を行う際にはメリットが大きい商品と言えるでしょう。

クレジットカード現金化を自分でする際の注意点

冒頭でも触れたように、クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を不正目的で利用するものです。カード会社の利用規約に違反する行為なので、これがカード会社に露見した場合には、いくつかの制裁が加えられる可能性があります。カードの利用停止、会員身分の強制剥奪、残高の一括支払い請求など、リスクの高いものです。

クレジットカード現金化の疑われる取引履歴が判明した場合、カード会社から確認のため電話がかかってくることもあります。この際に不明瞭な回答・取引履歴と齟齬(そご:くいちがい)のある返答をしてしまうと、問題視されます。ご注意ください。

また、そもそもクレジットカード現金化は、一部例外を除き、全体的に見ると金額面で大きく損をする取引形態です。したがって、カードの支払い期限に請求額を支払うことができなければクレヒスに傷が付きかねません。ブラックリストに登録されることによってさまざまなデメリットが生じます。

さらに、クレジットカードの支払いをできないことが重なり、やがては債務整理を検討せざるを得なくなった場合にも、クレジットカード現金化のデメリットが生じます。例えば、自己破産を希望したとしても、クレジットカード現金化の経歴が明らかになると、免責許可を得ることができません。せっかく自己破産を申し立てたにもかかわらず、借金の帳消しという効果を享受できないのです。

まとめ

クレジットカード現金化を自分で行えば、業者を利用した場合の各種デメリットを避けることはできます。他方で、カード会社に露見した場合に、数々のデメリットが生じることにもなってしまいます。このようなグレーな取引は、そもそも行うべきではないでしょう。

急な入用などで現金が必要になった場合、クレジットカード現金化のような方法ではなく、合法で安心できる方法を選択すべきです。例えば、カードローンなどを利用すれば、クレジットカード現金化よりも良い条件で上手く借入れをすることができます。お困りの際には、このような方法をどうぞご検討ください。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です