クレジットカード現金化の口コミには要注意!優良店を選ぶ方法を解説

急に現金が必要になったとき、クレジットカード現金化を試してみようと思われる方もいらっしゃるかもしません。ただ、Webなどで情報を調べてもどの業者を利用すれば良いか分かりにくいですよね。そこで今回は、クレジットカード現金化の業者選びの際の口コミから情報を見極める方法、優良店の選び方を解説します。注意しないと、悪質な業者に騙される可能性もあるのでご注意ください。

クレジットカード現金化業界には危険がたくさん

カードローンによる借入れやクレジットカードのキャッシングサービスなどとは異なり、クレジットカード現金化業界にはリスクが少なくありません。というのも、各社のカードローンサービスが利息制限法などの厳格な規制の中でルールを守って運用されている安心なものであるのに対して、クレジットカード現金化は、法律規制の及ばないグレーゾーンの領域で行われているものだからです。

クレジットカード現金化は違法なものではありません。ただし、クレジットカードのショッピング枠を本来的な目的を潜脱する形で活用し、不当に現金を得ようとする点において、各カード会社の利用規約に反するものではあります。カード会社に露見した場合には、クレジットカードの利用停止などの処分が下されることになりますが、これはあくまで当該カード会社の規律に違反するだけのことです。そもそも、カード会社にクレジットカード現金化を目的としたカード利用の事実がバレなければ、クレジットカード現金化は横行する一方です。

このようなグレーな領域において現金を欲するカード利用者に対して便宜を図ろうとする業者は、すべてがクリーンな業者というわけではありません。必然的に、違法な闇金業者などが参入し、カード利用者の足元を見ながら不当に利益を上げるという行為が蔓延します。

したがって、クレジットカード現金化を行うために業者を利用する場合には、どの業者を選ぶかが重要となってきます。特に、インターネット上の口コミや評判なども、すべてを素直に信じるべきではないでしょう。違法業者等の集客ツールとして口コミが悪用されるケースも少なくないので、より注意する必要があるのです。

クレジットカード現金化における業者口コミの見極め方

クレジットカード現金化に対応してくれる業者の中から優良店を見極めるには、「優良店がどのようなクレジットカード現金化サービスを提供する傾向にあるのか」を知ることが重要です。クレジットカード現金化には、いろいろな方法があります。その中で、優良店が利用する方法と違法業者が利用する方法には一定の傾向が見られるのです。

優良店はキャッシュバック型

あくまでも傾向ですが、クレジットカード現金化の優良店とされる業者は、いわゆるキャッシュバック型のクレジットカード現金化方法を採用しています。なぜなら、キャッシュバック型では、売買契約が一つしか存在せず、業者の不正が入り込む余地が少ないからです。

クレジットカード現金化の代表的な方法として、買取式と言われるものがあります。業者から物品をクレジットカード決済で購入し、当該物品を再度業者に対して現金で買い取ってもらうという方法です。特に、インターネットで申込みを行う業者の中でこの方法を採用している業者には要注意です。例えば、実際に返送手続をする中で、商品が壊れてしまっているなどのクレームをつけられることもあります。このような難癖の余地を残すと、還元率がさらに低くなるというリスクが生じます。

にもかかわらず、「買取式がスムーズに進んだ」「買取式で換金率アップ」などという口コミがされていることがあります。このような口コミは基本的に疑ってかかるべきでしょう。

換金率90%以上の口コミは要注意

クレジットカード現金化を業者に依頼する場合、業者の利益は、クレジットカード決済額と業者が支払うことになる現金との差額です。つまり、利用者にとってメリットがあるのは、業者の取り分が少ないもの、いわゆる換金率が高い業者です。

しかし、換金率の高さだけに注目してしまうと落とし穴にはまるリスクがあります。なぜなら、換金率90%以上では業者がそもそも経営を維持することが難しく、非現実的な内容だからです。つまり、「〇〇業者に依頼したら換金率95%で対応してもらえた」というような口コミはほぼ確実に偽りです。

口コミはすべて疑ってかかること

上で紹介したように、そもそもクレジットカード現金化業界は微妙な立ち位置にあるものです。したがって、特にネット上の口コミの信頼性はより低くなると考えておくのが無難です。すべて嘘だという前提で、参考程度に読み流すのが一番です。

ただし、各業者に対するネガティブな内容の口コミは一応チェックしておきましょう。なぜなら、悪い内容の口コミは集客に繋がるものではない以上、当該業者の自作自演でないことは間違いないからです。

まとめ

インターネット上の口コミは基本的にそのまま信じるものではありません。その前提で、クレジットカード現金化業者に対する口コミは、より信用性に欠けるものです。にもかかわらず、口コミを妄信して良い口コミばかりが集められている業者に依頼をしてしまうと、想像以上のデメリットを被る可能性があります。

急な入用など、どうしても現金が必要な場合には、クレジットカード現金化のようなカード会社の利用規約に反する危ない方法を使うのではなく、法律で認められた方法によって借入れを行うべきです。例えば、各社提供するカードローンを利用すれば、クレジットカード現金化よりも優れた条件で借入れをすることができます。利息制限法などの法律の枠内で運用されているものなので、安心して頼ることができるはずです。クレジットカード現金化を検討されている方は、一度冷静になって、カードローンなどの活用をご検討ください。