カードローンのおすすめランキング!自分の要望を明確にしよう

カードローンでの借入れを検討するとき、どこの業者から借入れをすれば良いのか悩む方が多いことでしょう。カードローン会社に提供サービスはさまざまですし、口コミやネットのランキングもサイトによって評価がバラバラのため、実際にどうすれば良いか分からなくなるのは仕方のないことです。そこで、今回はカードローンのランキングの見方や、実際に注目すべきポイントを説明します。ぜひお役立てください!

カードローンランキングや口コミが違うのは当たり前

サイトごとにカードローンのおすすめランキング順位が違ったり、口コミレビューの内容が異なるのは当然です。なぜなら、借入れを希望する人それぞれが違った状況の置かれていて、最優先にしたいポイントが異なるからです。事業用の資金、家計の補填、すぐ借入れをしたいのか、出来るだけ低金利の契約内容が良いのか…少し考えただけでも、いろいろな事情が考えられますよね。

このようなすべての要望を統一的に捉え直して、各社が提供するカードローンサービスを網羅的に順位付けするのは不可能です。実際に、カードローン会社側としても、「〇〇という要望に対してはAプランを」「△△という要望に対してはBプランを」というように、棲み分けを行っています。この状況において、「AプランとBプランではどちらの方が良いか?」という問いかけはもはや禅問答、Aプランを希望する人にとってはAプランが良いでしょうし、Bプランを希望する人にとってはBプランが良いに決まっています。

カードローンランキングを見るときにまずすべきこと

そこで、これから借入れを検討している方がWebのランキングなどを参照する前にまずすべきは、「自分はどのようなポイントに注目しているのかを明確にすること」です。なぜなら、自分のニーズが明確になってはじめて、そのニーズを充たすために提供されている各社のカードローンサービスの内容を比較できるからです。

では、自分の要望を明確にする際、果たしてどのような観点から自分の考えを具体化すれば良いのでしょうか?主なポイントは以下の3点です。

カードローンによる借入れを急いでいるのか

まず考えるべきは、可能な限り早期に借入れを実現したいのかどうか、という点です。例えば、「どうしても今日の夕方までに現金が必要」という方にとっては、融資までに時間がかかるカードローンサービスを選んでいる場合ではありません。審査に時間がかかったり、金融機関の窓口まで逐一申込みに行かなければいけないようなサービスは不向きでしょう。「即日」「最短」を売りにしているカードローンがおすすめです。

ただし、「カードローンの借入れ実現を早期にしたい」というポイントを最優先にする以上、他の条件は妥協せざるをえません。例えば、金利が高めに設定されていてもある程度は我慢しなければいけない点だけはご了承ください。

カードローンの借入れ金利は低い方が良いのか

借入れまでのスピード感をそこまで重視しなくて良いという方は、例えば金利面の条件に注目してみるのも良いでしょう。今回必要な融資額を前提にしたときに、どの業者のカードローンが最も金利条件が優遇されているのか、無利息期間は用意されているのかという観点から、じっくり吟味することができます。

ただし、金利条件が優遇されているカードローンサービスについては、ほとんどのケースで厳しい基準の審査に合格することを求められます。過去の借入実績が豊富だったり、安定した収入がある場合には問題ありませんが、借入履歴に問題があったり無職の方にとっては借入れまでたどり着くのは簡単なことではありません。

その他サービスを重視したいのか

中には、各種カードローンサービスの特典内容によって借入れ先を決めたいという方もいるでしょう。例えば、ネット銀行が提供するカードローンなどでは契約申込みと同時に特典ポイントの付与を受けられたり、Web申込みだけで家に居ながら借入れができるカードローンプランを提供しているものもあります。

カードローンランキングを調べるときは

以上のように、自分のニーズを明確にした上で、カードローンランキングを調べてみましょう。

つまり、「カードローン おすすめ」という形で検索するのでは不十分ということです。「カードローン 即日」や「カードローン 低金利」「カードローン 特典」などというように、より具体的に踏み込んだ形で調べることで、ようやくニーズに適合した業者を検索でき、それに沿ったランキング紹介に行き着くことができるのです。

その上で、より詳細な条件を確認し、一番利用しやすいと思えるものをご選択ください。

まとめ

現在、銀行やクレジットカード会社、消費者金融など、多岐に渡る金融機関がカードローンサービスを提供しています。情報が氾濫する中だからこそ、「自分のニーズに適合した情報提供元」さえも、適切に選択することからはじめなければいけません。

ただ、それさえクリアできれば、無策に各社サービスを見回るよりもスムーズな形で、適切な借入れ先に出会うことができるはずです。まずは、ご自身のニーズを明確にし、各種カードローンランキングをご参照ください!