カードローンは低金利がおすすめ!より良い条件で借入れを行う方法

これからカードローンによる借入れを検討される方におすすめしたいのが、低金利条件での借入れを実現してくれるカードローン商品です。金利は返済総額に影響を与える利息の算定基準となるので、カードローン利用者の負担に直結すると考えられるからです。そこで、この記事では、低金利条件のカードローンの選び方、おすすめできる人、さらにはより良い条件の借入れ方法について説明します。

低金利条件のカードローンなら銀行系のものを

現在、多くの金融業者がカードローン商品を提供しています。その中で、低金利条件のカードローンを提供しているのは、一般的に銀行系カードローンです。消費者金融系カードローンや信販会社系カードローンとは異なり、借入れ時における審査が厳しい反面低金利での貸し付けをしてくれるので、返済総額という面における利用者のメリットに資するものです。

各種カードローンにおける上限金利を比べてみるとその差は明らかです。消費者金融系カードローンの上限金利が利息制限法ギリギリに設定されていることがあるのに比べて、銀行系カードローンでは、融資額によって差はあれど、低金利のものについては年利2%以下のものまで提供されています。銀行の絶大な資金調達能力があってこそ可能なサービスなので、低金利条件の銀行系カードローンはおすすめです。

低金利条件の銀行系カードローンの特徴について

銀行系カードローンを利用すれば低金利の借入れが実現するとして、他にはどのような特徴があるのでしょうか。カードローンの利用を検討する人にはさまざまなニーズがあるので、これを充たすものなのか、あるいは弊害となる特徴があるのかを検討する必要があります。

低金利条件の銀行系カードローンは総量規制の適用外

消費者金融系カードローンでは、年収の1/3以上の金額の借入れはできないという規制(総量規制)が存在します。多額の借入れによってカードローン利用者が返済不能状態に陥ることを防ぐ趣旨です。銀行系のカードローンに関しては、この規定が適用されません。したがって、年収の1/3を超える額面の借入れについても、理論上は可能となります。例えば、事業資金等の目的で比較的多額の借入れを希望されるというような方には、低金利条件の銀行系カードローンがおすすめです。

ただし、各銀行の内部基準によって、返済能力と勘案の上、総量規制相当額以上の借入れを行っていない場合が一般的なのでご注意ください。

低金利条件の銀行系カードローンは即日審査・即日融資不可

低金利条件の銀行系カードローンは、利用の申込みがあった即日審査・即日融資はできません。低金利条件という優れた内容の金融商品である以上、これを利用できる人を厳格な基準をもって審査する必要があるからです。したがって、カードローンを利用することで緊急的な資金調達を目的とする人のニーズを充たすことはできません。

低金利条件の銀行系カードローンは審査が厳しい

既に触れたように、低金利条件という優れた内容の金融商品である以上、それを利用するには厳格な審査をクリアしなければいけません。安定的な定期収入の有無や家族構成、所有財産や過去の取引履歴などが総合的に考慮され、借入れの可否が決定されます。したがって、無職の方や学生、パートアルバイトの方や、過去に何かしらの金融事故履歴があると考えられる人にとって、利用までのハードルは高いと言えるでしょう。

低金利条件の銀行系カードローンは口座開設が必須

各銀行において提供されるカードローンを利用するわけですから、当該銀行の口座を所有し、借入れや返済をこの口座において行うのが条件となります。給与の受け取りや各種公共料金の利用を普段から行っているような銀行を活用することをおすすめします。

低金利条件の銀行系カードローンよりもおすすめできる無利息カードローンとは?

低金利条件の銀行系カードローンは、審査にクリアするだけの返済能力がある人や、緊急的な資金調達を求めていない人にはおすすめのカードローンです。しかし、実際にカードローンの利用を検討している人の中には、銀行系カードローンではニーズを充たせないと考える人もいらっしゃるでしょう。

そのような方々におすすめしたいのが、消費者金融系カードローンが提供している「無利息カードローン」です。消費者金融系カードローンの中には、「初回利用」「1ヶ月限定」というさまざまな条件の下、無利息の借入れサービスを提供しているものが少なくありません。消費者金融系のカードローンなので、審査の基準も甘く、最短申込み日から即日で融資を受けることもできます。低金利の銀行系カードローンの利用が難しい場合には、このような各消費者金融系のカードローンを利用するのもおすすめです。

まとめ

銀行系カードローンを活用すれば、低金利条件で借入れを実現できます。利息が少なくて済むので、利用者の負担を軽減するおすすめされるべき金融商品です。他方、利用までの敷居が高く、即日借入れのニーズも充たせません。銀行系カードローンのメリットを享受できる人は限定的です。

これに対して、消費者金融系カードローンの無利息カードローンサービスを利用すれば、銀行系カードローンのデメリットを克服しながら、銀行系カードローンよりも優れた条件で借入れをすることができます。これからカードローンの利用を検討される方にはおすすめの金融商品です。ぜひご検討ください!