審査の甘いおすすめカードローンの選び方や注意点を総合解説!

これからカードローンを利用した借入れを検討されている方にとって、借入れ時に避けることができない「審査」は悩みの種のはずです。ご自身の収入状況や過去の返済履歴などから「厳しい審査には合格できないのでは?」と思われている方は少なくないでしょう。そこで、この記事では、カードローンの審査に自信のない方にもおすすめできる、審査が甘いカードローンの選び方を紹介します。ぜひ最後までご参考ください!

審査が甘いカードローンの狙い目は消費者金融系のカードローン

カードローンには、銀行系、信販会社系、消費者金融系の3種類がありますが、この中でも消費者金融系カードローンは審査が甘いという点においておすすめです。

銀行系カードローンなどは、比較的低金利条件で各種カードローンサービスが提供しているために、必然的に審査条件が厳しく設定されます。これに対して、借入れ時の契約条件において比較的高金利が設定されている消費者金融系カードローンは、当然審査基準が甘くなります。銀行系などの厳しい審査をクリアする自身のない方にとっては、消費者金融系カードローンはおすすめです。

カードローンの借入れ時における審査項目とは?

カードローンにおける審査基準は、業者ごとに独自に設定されており、その基準は公表されていません。ただし、一般的には以下のポイントが審査対象であると言われています。

  • 返済能力
  • 他社からの借入れ状況
  • 本人の信用情報

この3点を総合的に考慮して、借入希望額との比較の下、借入れの可否が決定されます。

返済能力とは、本人の定期収入の有無や年収額、所有財産や家族構成など、さまざまな事情が含まれます。例えば、銀行系カードローンにおいて無職の方が審査に合格できないのは、この項目を充たすことができないからです。無職の方や学生にとっては、消費者金融系カードローンの甘い審査がおすすめです。

他社からの借入れ状況は、総量規制との関係で考慮される事柄です。年収の1/3を超える借入れは許されないために、例えば他社から多額の借入れをしている場合には、この項目を充たすことができません。

返済期日に返済できないという経験が過去にある場合、信用情報機関において金融事故情報が登録されているケースがあります。各社でこの情報は共有されているので、他社での事故履歴も、今後希望するカードローン審査に影響を及ぼします。特に、銀行系カードローンでは、この種の履歴が登録されているうちは審査に通ることができません。ご自身の過去の借入返済履歴を思い出した上で、思い当たる節があるのなら、審査の甘い消費者金融系カードローンの利用がおすすめです。

カードローンの審査に通りやすくするためのおすすめの方法とは?

カードローンの審査内容はブラックボックスです。どのような事情があれば審査に通るか確定的なことは一切分かりません。だからこそ、「どのような方法を採っておけば、比較的審査に通りやすくなるか」を検討することが重要となります。

借入れ希望額は少額に

審査に通る自信がない方は、まずは少額の借入れ希望額で申し込んでみましょう。少なくとも、年収に見合った額面である必要があります。

学生やパートアルバイトの方でも、10万円などの少額融資なら審査を通る可能性は低くありません。そのような少額融資をしっかりと返済し、実績を作ることができれば、その後金額を上げたとしてもカードローンの審査が通りやすくなるでしょう。

Web申込みがおすすめ

Web申込みに対応しているカードローンは、緊急的な借入れを希望される方に向けて特別に用意されている金融商品です。つまり、申込みに対してスムーズな借入れが行われるケースが多いと言えるので、審査に自信がない方にもおすすめです。特に、消費者金融系カードローンでは、Webのみですべての手続きを完了できるので、お急ぎの方はぜひご検討ください。

3ヶ月以上のクレヒス実績

クレヒス(クレジットヒストリー:カードやローンの取引履歴のこと)を積んでいることは、カードローンの審査の際にも良い影響を与えます。特に、借入れ希望時から3ヶ月以内は重点的にチェックされるので、緊急的なカードローン利用に備えて、普段から積極的にクレヒスを積んでおくのがおすすめです。

逆に、クレジットカードの利用履歴に問題があると、どうしても審査に悪影響が生じます。支払遅延が複数回にのぼるようだと、間違いなく信用情報機関に事故情報が登録されてしまうのでご注意ください。

まとめ

以上のように、カードローンによる借入れを希望される方は、まず審査項目をチェックすることをおすすめします。そして、返済能力面などに不安があるのなら、ぜひ比較的審査の甘いとされる消費者金融系カードローンをご検討ください。借入希望額に応じて、柔軟に事情を考慮した結果、融資を受けることができるはずです。紹介した注意点を踏まえて、普段からカードローン審査に通りやすいような状況を作っておきましょう!