カードローンの審査なしって本当?すぐに借入れできる方法を総合解説

急な入用のためにカードローンによる借入れについて調べている際、「審査なし」融資というフレーズが目に入ってくることがあるはずです。審査なしで借入れができるなんて本当?と不審に思われる方のために、カードローンにおける「審査なし」の実態、そして、申込みから借入れまでをスムーズに行うための方法について説明します。急な金策を実現するために、ぜひお役立てください!

カードローンは審査必須!「審査なし」はないのでご注意を

現在、法律を守った上で正しくカードローン商品を販売している金融業者については、審査なしでカードローンによる貸し付けを行っているものはありません。つまり、「審査なし」のカードローンは認められていません。もし「審査なし」を謳ってカードローンサービスを提供しているものがあれば、それは違法な闇金業者なので、絶対に利用しないようにしてください。

しかし、実際のところ、「審査なし」というフレーズが散見されるのはなぜでしょうか?それは、「審査なしに等しいくらい審査が甘い」カードローンサービスが存在するからです。

「審査なし」に等しいカードローンを展開している金融業者とは?

審査なしと称しても過言ではないほど甘い審査を経てカードローンを利用させてくれる業者とは、消費者金融です。カードローンには、消費者金融系、銀行系、信販会社系の3種類があり、特に消費者金融系カードローンは、借入れ時の審査が甘いことに特徴があります。

銀行系カードローンや信販会社系カードローンでは、提供されているカードローン商品の内容が比較的低金利であるという特徴があります。借入れをする側にとってはありがたいことではありますが、このようなメリットが大きい金融商品を利用するには、それ相応のハードルをクリアする必要があります。それが「厳しい審査」です。銀行系カードローンや信販系カードローンでは、都度従前の取引状況や収入などを厳しくチェックし、自社基準をクリアした人しかこれを利用することができません。

これに対して、消費者金融系カードローンは比較的金利が高く設定されています。ただし、銀行などと違って、審査が甘いために、申し込んでからすぐに借入れを受けることができます。急な入用に対応しやすく、収入面などに不安がある方でも積極的に活用できる便利なものとなっています。

カードローンにおける審査項目とは?

厳しい審査、甘い審査、各社いろいろな基準でカードローンの借入れ審査を行いますが、その際に考慮される項目は以下の通りです。

  • 返済能力
  • 他の借入れ状況(総量規制)
  • 信用情報機関に登録されている情報

まず、大前提として希望借入総額に対して、返済する能力があるのかが問われます。職業や年収、家族構成や所有財産など、総合的に考慮した結果、返済能力の有無が判断されます。

次に、他社からの借入れ状況もポイントとなります。現行法上「総量規制」が設定されているので、他社からの借入額が多いと、新規のカードローンによる借入れを拒絶される可能性が高まります。

さらに、過去において返済履歴に傷がある場合には、信用情報機関において金融事故情報が登録されています。これがあると、カードローンによる借り入れは難しくなります。

これらの項目を、銀行系・信販会社系のカードローンでは厳しく審査します。これに対して、消費者金融系カードローンではかなり甘い基準で審査されるので、実質的に「審査なし」の状態で借入れを達成することができるのです。

スムーズにカードローンによる借り入れを達成する方法

上で説明したように、カードローンの審査ではいろいろな項目が考慮されます。例えば、学生やパートアルバイトの方、無職の方にとっては、悩ましい問題のはずです。

したがって、スムーズにカードローンによる借入れを達成したいのなら、まずは消費者金融系のカードローンを狙いましょう。総合的に審査基準が甘いため、借入れを実現しやすいはずです。

さらに、借入れ希望額を少額に抑えるのもポイントです。高額の借入れを希望する場合には、消費者金融系カードローンとは言え、それ相応の返済能力が求められるケースがあります。したがって、いったんは少額の借入れを行い、それをすぐに返済することで実績を確保、その上で、さらに必要な金額のカードローンの申込みをするのがおすすめです。

加えて、消費者金融系カードローンの中でも、Webなどで申込みなどが完結できるものを選ぶと良いでしょう。家にいながら借入れを行えるので余計な労力を割く必要がありません。

まとめ

どのようなカードローンにおいても、必ず借入れの際に審査は行われます。しかし、どこから借り入れるかをしっかりと判断すれば、「審査なし」に近い形で、即日の借入れを達成することができます。審査項目に不安がある方も、ぜひ今回紹介したカードローンを活用することで、上手に借入れを実践してください!