カードローンの借り換えとは?上手な使い方と注意点を総合解説

現在、各社多様なカードローンサービスを提供しているため、契約当時よりもさらに自分に適したカードローン商品が後から見つかる場合があります。このような場合に、より有利なカードローンに借り換えることができれば、借入れの返済を有利かつスムーズに進めることができますよね。そこで、この記事では、カードローンの借り換えの活用法や注意点を紹介します。カードローンと上手に付き合うために、ぜひご参考ください!

カードローンの借り換えの内容・目的とは?

カードローンの借り換えとは、現在契約しているカードローンから、別のカードローンに変更することです。カードローンの借り換えをする目的は、まさに「利息の節約」のためです。現在契約しているカードローンよりも有利な条件で金利が設定されている商品に借り換えることによって、今後の返済状況がより楽になります。完済時の状況を比べると、借り換えをしなかった場合よりも支払総額を抑えることができますし、場合によっては、返済期間を短縮することも可能となります。

カードローンの借り換えと「おまとめ」は同じ?

当初のカードローンの契約内容を後から変更するという意味において、カードローンの借り換えと似た制度に「おまとめ」というものがあります。

カードローンの「おまとめ」とは、複数の金融業者から借入れを行っている場合に、負担している債務の数を減らすというものです。通常は1社にまとめてしまう方法が採られますが、すべてを一本化するのではなく、当初の債務数よりも減らすだけという場合もあります。

カードローンの「おまとめ」が行われるのは、返済状況を簡易化するためです。複数の金融業者からの借入れが並行している状況では、返済日や各利息の管理などが複雑になってしまいます。管理しきれないと、どうしても家計を上手に管理できず、結果として返済期日を失念してしまうことにもなりかねません。このようなデメリットを回避するために、「おまとめ」は利用されるものです。つまり、返済窓口が一本化されるというメリットを享受できる反面、場合によっては返済内容が厳しくなるリスクも伴うものです。

これに対して、カードローンの借り換えは、あくまでもより契約条件の優れたカードローンに変更するためのものです。金利条件などの改善を狙えることからも、「おまとめ」とはまったく異なるものです。

カードローンの借り換えの注意点とは?

金利条件などを有利にすることを目的とするカードローンの借り換えですが、利用するにあたっていくつか注意点があるのでご参照ください。

借り換えには再審査が必要

カードローンの借り換えを行う際には、新しく契約を締結することを意味する以上、当該金融業者における審査が行われるのが一般的です。

もちろん、従前の借入れに対する返済状況も勘案されます。例えば、現在の返済状況が厳しく、時に返済期日に間に合っていないという事情があれば、当然不利に働くでしょう。借り換え時の新規契約の際には、信用情報機関に対する照会も行われるので、金融事故情報が登録されていると借り換えを行えない可能性があります。

また、消費者金融系カードローンから銀行系カードローンの借り換えを希望する場合には、より注意が必要です。というのも、銀行系カードローンの審査内容が比較的厳しく設定されているからです。したがって、当初銀行系カードローンに通らなかったことを理由に消費者金融系カードローンを利用せざるを得なかったというような事情があるのなら、借り換えが成功する可能性もあります。

カードローンの借り換え先の契約条件を吟味すること

各種カードローンの契約内容は、特に利息の計算などについて複雑に規定されています。したがって、借り換え前後の利息条件を正確に吟味しないと、結果として利息面で損をしてしまいかねません。特に、目先の返済額の減少も期待される場合には、時に利息の計算方法の検討が抜け落ちがちです。支払総額が増えないように、しっかり確認してください。

その際に有効なのは、各社において利用できる返済シミュレーションの活用です。現在の借入れ状況を入力するだけで、今後の返済計画が一目瞭然です。借り換えをする前のシミュレーション、借り換えを検討している各社のシミュレーションをそれぞれ比較した上で、適切な借り換え方法を選択しましょう。

まとめ

カードローンの借り換えをするとなると、再度各種契約内容やシミュレーションを確認しなければいけないので、非常に煩わしいことも生じます。しかし、より有利な条件で返済計画を練ることができるのなら、将来の自分・家計のためには欠かすことができません。

カードローンによる借入れは、返済計画などを明確にしさえすれば、少ない負担で家計に馴染ませることができるはずです。カードローンの借り換えを積極的に活用して、カードローンと上手にお付き合いください!