銀行提供のカードローンの特徴とは?メリットや注意点を総合解説

消費者金融や信販会社などと並んで、各銀行もカードローンサービスを提供しています。そこで、この記事では、銀行系カードローンの特徴やメリット、利用する際の注意点を紹介します。カードローンの借入れ先でお悩みの方は、ぜひ最後までご一読ください!

銀行系カードローンのメリットについて

銀行系カードローンは、各銀行が提供しているサービスです。昨今、銀行も多角的な営利活動に力を入れ始めたことから、銀行系カードローンの内容も豊富になっています。以下では、その概略的な特徴について説明します。

銀行系カードローンは低金利

銀行系カードローンの特徴としてまず挙げられるのが、比較的低金利な金融商品が多いという点です。特に、消費者金融系カードローンと比べるとその差は一目瞭然です。消費者系カードローンが、利息制限法の上限金利いっぱいに設定しているものが多い中、借入額によるものの、銀行系カードローンは比較的低金利で利用者に寄り添ったサービスを提供してくれます。

実際、銀行系カードローンでは、金利が2%に満たないような利便性の高いものまで融通されています。

銀行系カードローンはATMを最大活用可能

銀行系カードローンの特徴として、全国にあるコンビニATMでフル活用できるものが多いという点を挙げることができます。しかも、一定の例外を除き、基本的には無料でいつでも利用でき、借入れや返済時の負担を減らすことができます。

これに対して、消費者金融系のカードローンでは、街中の契約機などが利用の中心となります。しかも、設置機を使用するたびに手数料がかかることもしばしばなので、返済時の負担だけではなく、利用時の手数料負担まで強いられてしまいます。

銀行系カードローンのデメリットについて

もちろん、銀行系カードローンにもデメリットはあります。ただし、利用者の状況や要望次第では、そもそも気にならないものなので、ご安心ください。

銀行系カードローンは即日借入れできない

銀行系カードローンのデメリットとしては、申込みから即日で借入れが禁止されているという点を挙げることができます。カードローンの利用を検討されている方の中には、急な入用のために、その日のうちに現金が手元に欲しいという方も少なくないはずです。銀行系カードローンは、この類の要望を充たすことはできません。

銀行系カードローンには審査がある

銀行系カードローンのメリットとして、「低金利での借入れ可能」という点を紹介しました。これと背中合わせのデメリットとして、必ず審査が行われるというデメリットが導かれます。

というのも、返済不能リスクが高い人に対して低金利の契約内容で貸し付けを行うことに、銀行側のメリットが存在しないからです。低金利という上質なサービスを維持するため、利用できる人に制限を加える必要が生じます。そのため、一定の厳しい審査に合格した人のみ、銀行系カードローンを活用できるという運用が行われています。

したがって、無職の人や、過去のカードローン返済状況に問題がある人は、審査に通りにくくなってしまいます。

銀行系カードローンには無利息特典なし

消費者金融系カードローンでは、初回利用の方限定などの条件のもと、一定期間無利息でカードローンを利用できる特典サービスを提供しているものもあります。初めてカードローンを利用する方にとっては、元本の返済だけで足りるので、メリットが大きいと言えるでしょう。

しかし、銀行系カードローンについては、低金利条件で借入れができる反面、このような無利息特典は付されていないのが一般的です。はじめてカードローンを利用し、かつ、すぐに完済する予定の方には不向きです。

銀行系カードローンを利用する際の注意点

銀行系カードローンに申し込む際の注意点を紹介します。

まず、銀行系カードローンの審査に落ちたときに備えて消費者金融系のカードローンも並行して申し込むのは避けましょう。万が一銀行系カードローンの審査に落ちた場合、信用情報機関において事故情報が登録されてしまいます。場合によっては、消費者金融系カードローンの利用にも影響を与えかねないのでご注意ください。

続いて、過去に取引実績のある銀行のカードローンを利用するように意識しましょう。公共料金の引き落とし口座として、給与の振り込み用口座としてなど、どのような形でも問題ありません。日常的にお金が動いていることを直に確認してもらえるので、審査の際に有利に働きます。

最後に、申込みのタイミングです。銀行系カードローンを検討される方は、そこまで借入れを急いではいないとは思いますが、それでもある程度スムーズに物事は運べた方が良いですよね。そうであれば、例えば銀行窓口が開いている平日などに申込みをするようにしましょう。土日祝日でもWebなどの方法で申込みはできますが、実際に処理が行われるのは平日になってからです。申し込んでからやきもきする時間を減らしたいという方は、申込みのタイミングを計ってください。

まとめ

銀行系のカードローンは、「銀行」という社会的立場の確立された機関からの借入れですので、安心感をもって利用できます。借入れをお急ぎでない方、普段から取引のある銀行がある方は、ぜひ銀行系のカードローンと上手くお付き合いください!