カードローン選びは低金利がポイント!賢い借入れ方法を紹介

急な入用でカードローンの利用を検討されている場合に、「金利」条件を重要視したいという人は少なくありません。返済するときのことを考えると、できるだけ低金利で貸し付けをしてくれる方が良いと願うのはむしろ当然です。そこで、この記事では、低金利条件で借入れができるカードローンの選び方や、実際に借り入れをするときのポイントを説明します。どうぞご参考ください!

低金利カードローンを提供している金融機関とは?

カードローンは、その提供元によって3種類に区分できます。それは、「消費者金融系カードローン」「信販会社系カードローン」「銀行系カードローン」です。もちろん、各社提供条件は異なりますが、次のような傾向が見られます。

消費者金融系カードローンは、厳しい審査なしですぐに借入れをすることができます。ただし、金利条件が高く設定されていることが多く、返済時の経済的負担は比較的重くなります。これに対して、信販会社系カードローンと銀行系カードローンは、緊急の借入れには不向きですが、審査さえ通れば低金利での借入れが実現します。

つまり、カードローンによる借入れ条件の中で、「低金利」を重要視する方にとっては、信販会社系カードローン及び銀行系カードローンから検討をはじめるのがおすすめです。

低金利を重視するなら審査は避けられない

世の中、いろいろな会社がカードローンサービスを提供していますが、その中で「できるだけ低金利の条件での借入れ」を希望するのなら、原則として借入れ時の審査を避けることができません。なぜなら、「金利=返済リスク」の理屈が存在するからです。

金融機関などにとっては、「貸したお金が返済されない」という事態だけは避けなければいけません。つまり、返済されない可能性が高いお客さんについては、返済不能リスクを考慮した上で、金利条件が高く設定されるのです。他方、返済される可能性が高いと判断できるお客さんに対しては、返済不能リスクがほとんど存在しない以上、低金利での貸し付けをしてくれるのです。

つまり、低金利条件でカードローンサービスを提供する金融機関などは、借入れの申込みがあった段階で、「返済不能リスクがある客かどうか」を判断しなければいけないのです。これが審査と呼ばれるものです。「低金利」という借り入れる側にとってメリットの大きい条件での借入れを実現するには、審査に耐えうるだけの資格をもっていなければいけません。

できるだけ低金利でカードローンによる借入れを実現する方法

金利とは、元本に対して課されるものです。元本の返済だけではなく、契約内容の金利を前提として算出される利息を加えて返済しなければいけないので、できるだけ低金利条件での借入れをしなければ返済時に苦労を強いられるはずです。できるだけ有利な金利条件で借入れを行うのは必須、以下でそのための方法を紹介します。

銀行系カードローン・信販会社系カードローンを選ぶ

低金利での借入れを実現するためにまず行わなければいけないのが、先程から説明した「低金利条件」でカードローンサービスを提供している会社選びです。しかし、中には銀行系カードローンなどの審査に合格しないという方、あるいは、いちいち審査結果なんて待っていられないという方もいらっしゃるはずです。

消費者金融系カードローンで低金利を実現する方法

銀行系カードローンなどからの借入れを断念する場合には、審査条件も緩く、借入れ実現までの期間も短い消費者金融系カードローンの利用を選択することになるでしょう。もちろん、消費者金融系のカードローンは他のものに比べて金利が高く設定されている傾向にあるため抵抗を感じるかもしれません。ただ、消費者金融系カードローンを利用する場合でも、できるだけ低金利で借入れを実現する方法があるのです。

ここでのポイントが、借入額と設定金利との関係です。一般的に、「低額の融資額に対しては高金利、高額の融資額に対しては低金利」という傾向が見られます。

例えば、急な入用のため、【1万円を年金利20%】の条件で借り入れたというモデルケースについて考えてみましょう。返済をする前に入用が重なったために、同じ契約を合計10回繰り返してしまいました。基準点の問題はいったん置いておいて、結果として【10万円を年金利20%】で借りたことと同じ状況が生じてしまいます。

他方、最初から同じ金融業者との間で10万円を借り入れた場合はどのように扱われたでしょうか?一般的に、融資額が高くなるほど金利設定も低くなるので、【10万円を年金利15%】の条件で借入れができたはずです。都度細かい借入れを繰り返してしまう結果、年金利にあたり5%も損をしてしまうのです。

つまり、カードローンの借入れ契約をする段階で、「今後どの程度借入れをする可能性があるのか」を冷静に見極めることが必要なのです。無策に借入れを繰り返してしまうと、例に挙げたように、実質的な金利面で大きなデメリットを強いられてしまいます。借入れ予測を明確にした上で賢く借入れを行うことができれば、より低金利条件のカードローンを契約できるはずです。

まとめ

カードローンの金利条件は複雑な記載方法になっていることがあります。ただ、実情は、今回の記事で説明した通りです。分からないことがあれば窓口に直接お問い合わせの上、低金利での借入れを実現しましょう!