リボルビング払い返済物語

リボルビング払いはとても便利な支払方法です。ちょっと奮発して高い買い物をした、持ち合わせの無い時にも良いものを買える。それでいて毎月の返済は数千円程度でよい。まるで魔法のようにカードを使う者のお財布に優しさを与えてくれる。

しかし、一度その優しさに甘えてしまったら最後。ずるずると減らない残高を毎月眺めることになります。毎月毎月気が滅入る思いをすること間違いなしです。

リボ払いは大損

誤解を恐れずに言えば、リボルビング払いは「一利のための大損」。つまり、月々が定額払いになるのは良いですが、後から後から金銭的にも心理的にも色々な負担が嵩むばかりなのです。

今回は、ある男のリボに関する実話を見ていきます。なぜリボ払いに手を出したのか、なぜリボ地獄に苦しむのか。果たしてその地獄からは抜け出せたのか…体験談を見ていくことで実際の「リボの現場」から、間違ったカードの使い方を反面教師として知っていきましょう。

きっかけは送別会

ある時、会社の同僚が退職することとなりチームの皆で送別会を行うことになりました。私としては給料日前で、実は持ち合わせもあまりなく少し心もとない日程だったのですが、せっかく送別会に水を差すわけには行きません。お金のことはひとまず、私は幹事として店のセッティングから飲み会の段取りと働きました。宴もたけなわ、楽しく会も終わりいよいよお勘定。参加者から会費を集めました。そのとき、ふと思ったのです、「現金がいっぱい」。お酒が入っていたこともあったのか、飲み会の代金なのにまるで自分のお金のように思えてきました。私は会計をカードで済ませました。財布をみれば沢山の千円札、めずらしく厚みを帯びています。思わず、買い物に遊びにと少し我慢してきたことにお金を使ってしまったのです。

擬似お金持ち気分もつかの間。ある日、カードの請求が来ました。そこには今までには無い金額。以前の送別会の代金がまるまる請求書には記載されていました。集めた代金も使ってしまい貯金も心もとない…私は仕方なくリボ払いへの変更したのです。

リボ払いへの変更

リボを最初に利用するきっかけで多いのは、自分にとって「少し多い請求だな」と思える時です。つい目先の支払に気が向いてしまいリボ払いを選んでしまうのです。では、その後、彼はどうなっていったのでしょうか。

居酒屋の代金もリボでなんとか凌ぐことができました。引き落とされた金額をみてさらに安堵感は強まります。わずか数千円だけが引き落とされていたのです。人間、不思議なものでここから少しずつ感覚が麻痺してきます。高い買い物をしても引き落とされる金額はそう多くはありません。さらに買い物をリボする機会が増えていきました。

一度、リボを使うと急激にリボ払いへの抵抗は低くなります。それはまるで高い買い物をしているという意識が働かなくなるからなのです。しばらくの引き落とし額が買い物金額に対して低いことが原因なのでしょう。しかし、ある時、麻痺していた感覚は戻り気の重い日々が始まるのです。

残高は減らないリボ払い

ある時何気なく請求書をみていると毎月の支払額が増えているではありませんか。それだけではありません。それなりの金額が引き落とされているのに残高はそんなに減ったようには思えません。

リボの怖さが垣間見えた瞬間でした。これが手数料年利15%のリボルビング払いの真相なのです。リボ残高が50万あれば手数料だけで月6千円ちょっとです。毎月数千円から数万円入金していたとしても、その分まるまる残高が減るわけではないのです。

なんとしても早く支払を終わらせたい。焦燥感から返済について必死に考えるようになったのです。では、最後にどのような方法を使って、このリボ返済を行っていったのか。いずれも方法も即効性のあるものではありません。地道に、忍耐強く返していくしかないのです。

もうリボを使わない。

至極当然ですが、しかしもっとも基本的なことです。ここで誘惑にまけリボを使えば半永久的に残高が減ることはありません。

返済額を増額する。

毎月1万の支払なら2万円へ増やす。可能な限りリボへの返済を優先させるべきです。貯金へと考えているお金があるなら、それもリボへ返済したほうがよいかもしれません。今の預金利率コンマ数%と手数料年利15%。比べれば一目瞭然です。

借り換えの検討。

もしカードローンへの借り換えが可能ならば検討してみる価値はあります。優良なカードローンであれば年利10%以下のものもあります。年率を下げることで残高が膨張することを防ぎます。

基本的な方法としては返済金額を増やすこと、そして残高が膨らまないようにすること。

この方法しかありません。

使うときは敷居もひくくなんて便利でお財布に優しいリボ払い。しかし、一度目が覚めて縁を切ろうとするとなかなか離れない。忍耐強く終わりが来る日まで踏ん張るしかない。

こうなる前に賢くクレジットカードは使いたいものです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です